ドラゴンボールZ

悟空の声が海外と日本では違うということを聞いたことがある人いると思う。

アメリカの悟空は日本の悟空と比べて男らしい声なのだ。

Youtube でもその声の違いは確認できる。そのコメントが面白い。

コメントの一部:


1:日本の悟空の声はこれまでのアニメで最も悪い。

2:ぜんぜんキャラにフィットしてない。

3:英語の声がとっっっても合っている!

4:なぜ悟空の声はおばあさんの声なんだ!?

5:日本の悟空の声はとても悪いし馬鹿げている。

6:英語バージョンの悟空は男だけど、日本語バージョンはネコちゃん。

7:悟空が哀れだ。

8:日本の悟空の声は猿のうがいのようだ。


と、いろいろと言われている。

なぜこうも日本の悟空の声が人気ないか?

僕の考えだと、日本とアメリカのヒーロー感の違いによると思われる。

例えば、アメリカでは男性はヒゲをたくさん生やした人をよく見る。

それは男は男らしくするべき、という意識にも見える。

いいすぎかもしれないが下の画像のような感じ。。。

834600

明らかに日本よりかはヒゲを生やした人は多いと思う。

さらに、筋肉ムキムキな人に遭遇する比率が日本より高いと思う。男は男らしく、たぶん女は女らしくが求められているから悟空の声はアメリカが求めるヒーロー像の声なのだろう。

スーパーマンもバッドマンも声は男らしい。

日本は男らしさより中世的なほうが好まれると思うし、僕はヒゲをたくさん生やすのは好きじゃない。

僕はどっちの声も好きだな。

ちなみに、魔人ブーはアメリカでもma jin buu。アメリカの悟空が魔人ブーというのはなんかかっこよく聞こえる。「ま」と「ぶ」の発音が強い。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。