英語の文章の校正で使われるA Two-Step System

アメリカでは文章を書くことがけっこう多い。文章を書いて校正することを

Proofreading

という。

校正をするために必要な二つのステップのことをA Two-Step Systemという。

STEP1: Marking sentence parts and words types
STEP2: Asking yourself questions to find and correct mistake

ステップ1は文章や言語にマークをしていくというもの。
英語には主語、動詞 目的語などで構成されている。これらの組み合わせが間違っていないかをマークしていくのだ。マークの仕方も決まりがあって、もしかすると学校や州によって違うかもしれないが

1 最初に3つについて確認する(Step1)

主語(subject)は○で囲む。Circle all subjects 例えばI, She

動詞は下線を書く。Underline all verbal phrases 例えば take, go

接続詞は三角で囲む。Draw triangles around connecting words. 例えばbecause, since, so

そのあとステップ2で自分自身に質問する(Step2)

全部の節はチェックできたか?Does every clause have a subject?
全部の動詞はチェックできたか?Does every clause have a verb?
文章の構成は間違ってないか?Is the word order correct?
これは完成されている文なのか?Is this an independent clause?
これはdependent clauseとindependent clauseは正しい組み合わせか?Is the dependent clause correctly attached to an independent clause?

Independent clauseとは I like it. といった独立して意味がわかる文
dependent clause とは because it is sweet. 接続詞becauseなどが使われ、それだけでは完結しない文。dependent clauseは Independent clauseと一緒に使われて完結する。

I like it because it is sweet.

2 Step1の方法にもどって再度確認する(Step1)

上で下線を引いた動詞をすべて見直す。 Look at all your underlined verbal phrases
波線を時間にかかわる単語の下に引く。 Draw wavy lines under all time expressions

時間にかかわるものは波線を単語の下に書く。Draw wavy lines under all time expressions例えば tomorrow, today

再度自分自身に問いかける(Step2)

動詞は過去形か現在形か未来系か?Does the action you are writing about take place in the past, present or future?

アクションやイベントは過去の話をしているのか、現在まで続いている話なのか?Does the action or event start in the past and continue to now?

読み手になんで過去系、現在形、未来系を変更したか説明できるか?Do I explain to my reader why I change tenses?

3 過去形、現在形、未来系などを再度確認(Step1)

動詞をフレーズを確認する。Look at all your underlined verbal phrases

再度自分自身に問いかける(Step2)

動詞の形は正しいか? Have I correctly formed the verb tense I’m using?

4 最後に主語についてもう一度確認する(Step1)

最初の丸を書いた主語は見つめなおす。 Look at your circled subject

下線をもう一度見る Look at all your underlined verbal phrases

再度自分自身に問いかける(Step2)

主語は複数形か単数系か?Is the subject singular or plural?

動詞は主語に沿ってsをつけるかつけないか、または形を変えるか買えないか?Does the verb agree with the subject?

字に書きおこすとちょっとめんどくさい流れだけど実際にやると必要なことだとわかる。これらは自分で行うもので先生が行う校正ではない。

また上に紹介した以外にも記号はいろいろあるけど上のものがわかればとりあえずは問題ない。

先生が行う場合は斜線が入ったり横線で必要ない単語を消されたりするだろう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。