アメリカの簡単なボディラングイッジと簡単な返答

ボディラングイッジでフォーマル、インフォーマルを表わすことができる。。

フォーマルとインフォーマルで使えるBody Language

ちゃんと座る(Sit upright )

話し手に目を合わせる(Maintain eye contact with the speaker)

適切なときに笑顔をする(Smile when appropriate)

頭を上下にうなずく(Nod your head)

これらが欠けるとインフォーマルとなりやすい。よく目を合わせるというのは日本では少ないと思うのでフォーマルとインフォーマルの感覚は大きく違う。

インフォーマルなシチュエーションで言う言葉や音があって、

インフォーマルなSounds:

ムー”Mmmm.”

アーハー”Uh-huh.”

アー”Ah.”

ふんん”Hmm.”

などがある。アーハーは良く聞くし簡単に言えるので便利だ。海外のゲームキャラクターとかアーハー、アーハーうるさかったりする 笑
ちなみに癖になってアーハーというのはやめよう。相手は分かっていると思って話を続けてしまう。

インフォーマルなVerbal Expressions:

“I see.”

“Oh.”

“Of course.”

“Really?”

“Sure.”

“Yes.”

“Yeah.”

Yesは丁寧なほうだけどYesだけだとまどインフォーマルになる。SureやOf courseはインフォーマルでないところでも使われると思うが基本はインフォーマルになるらしい。

もし話しての言っていることが分からない時にするボディラングイッジと音というのがあって

フォーマルとインフォーマルで使えるBody Language

目を細めるか眉毛をくっ付けてみる。Look confused by squinting your eyes of knitting your eyebrows.

目を細めるとか自発的に日本人でしている人は少ないかもしれないが、言葉に困って相手の言っていることがわからない場合は目をわざと細めるといい。よくアメリカのアニメとかでは出てくる。アメリカンジョークというやつだ。

Verbal Expressions

質問をする ask questions

当たり前だけど分からなければ聞かなければいけない。

インフォーマルのときに主に使われるのは

インフォーマルなSounds

はあ?”Huh?”

これを日本人に言うとキレられるので日本人に使うのは避けたほうがいい。ちなみに日本人に言ってキレやすいと知っている外国人は使ってこないけどほとんどの人がしらないので使われる。外国人に使われてもキレないように。海外なれしている人は「はあ?」と聞き返しているのが癖づいているかもしれないので気をつけたい。僕はあえて使わないようにしている。癖づいたら日本で大変だから。はあ?

インフォーマルなVerbal Expressions

どういうこと?。”I don’t get it.”

相手の言っていることがわからなければこれを言えばバッチリだ。
ただインフォーマルということは忘れてはいけない。留学生なれしている先生はこの言葉を言われてもなんとも思わないし先生も使ってくる。でも先生に言う言葉じゃないということは分かっておかないといけない。なぜなら「どゆこと?、ちょっとわからないんだけど」って言っているのでカジュアルなトークになる。

これであなたも留学して英語の語学クラスに言ってもどう対応していいかはわかるようになるだろう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。