統一教会はカルト!やばい団体だった

統一教会の問題が世間の話題になっているのを興味を持って統一教会について調べていたら統一教会はカルトでしかないと思った。

創設者の文鮮明は人類救済のために神によって人類に再降臨させた人物だ・・・・ギャグかな?漫画かな?

いったいどんな人類救済をしてくれるといういのだろうか?霊感商法、壷販売などの詐欺行為で集めたお金を表向きでは平和や反共産に関わる政治家や団体に投資するのは全く救済ではないだろう。統一教会の言葉を使えばサタンの行為である。悪いお金と良いお金があるけど悪いお金を社会平和に使うことは実は不幸を広げることにもつながる。なぜなら見えないところでたくさんの人生を狂わされるほどの騙された人がいるからである。
わかりやすいのは反社からのお金はもらうのは違法だ。反社組織は身分を隠して行動していて表向きでは普通に見えるビジネスをしていたりするのと同じで、身分を隠さなければいけない宗教団体でしかも詐欺行為をして高額なものを売る行為がまともなわけないのである。
救済どころか不幸の拡散である。
政治家の多くがすでに統一教会の手のひらの上で踊らされているっぽいので日本の将来は不安でしかない。なぜなら統一教会はカルトとして有名なのである。

統一教会に含まれる反日韓国至上主義の考えの団体・・・世界へ話を訴える反日組織じゃん

日本が日本のために行動するのであれば反日韓国至上主義の団体と一緒にいられるわけないのである。いつも悪い人はいい顔して寄って来きて話が合う人のように見せてくるのである。

教祖の選んだ人ならどんな人でも最高の伴侶として結婚する合同結婚式である。教祖の選んだ人というのも献金したお金によって選ばれる人が変わるという差別っぷり。そして多くの日本人女性と韓国人男性をマッチングさせて韓国人男性は霊的に高いから日本人女性信徒は結婚できるだけでも幸せだという傲慢。
さらに韓国は日本によって植民地にされ支配されたことを報いるには日本人女性の献身が求められるという。従軍慰安婦や強制連行された女性の霊が日本女性に乗り移っているので日本にいる悪霊は他国の霊より恐ろしいとか言う。そして日本支配により死んだ人、貧困になり死んでいった韓国人々の怨念を解く必要があるというのである。なんで全人類が韓国人の恨みを解くために献身しなければいけないのだろうか?韓国人の差別意識が出ているようにしか見えない。
興味深いのが韓国語は地上天国の統一言語であり韓国式文化こそ学ばなければいけないことなのだというのだ。僕は日本語こそ素晴らしい言語だと思うしその理由はたくさんあるが韓国語が地上天国の統一言語だというのはどんなに考えても理解できない。天国ではみんな韓国語をしゃべっているのだというのである。笑うしかない。ちなみに日本語だって地上天国の統一言語だとも思っていない。

統一教会のアダムとエバ(イブ)の原則がまたおかしい。女性が堕落して男性を誘ったので女性は男性に献身的であるべきであり、さらにこの考えは国家間に適応されアダムは韓国、エバは日本であり日本は韓国に仕えなければならないのである。歴史観もおかしいし日本を搾取することしか考えていないように見える。韓国は男尊女卑が強く時代遅れの社会文化と言ってもいいかもしれない。男性至上主義なんて西洋キリスト教社会でさえ受け入れられないのに男性の地位が女性より高いのは当たり前という感覚は世界の感覚と大きくずれている。韓国では女性は男性の道具であるかのように言われるらしいが統一教会の言っていることも同じようなことだと感じる。

一般論として韓国では正しい歴史ではなく韓国人が歴史にどうあるべきかを感じることが大切だと言われている。それは間違った歴史だろうが関係ないのである。自分達の考える歴史を通すためには正しい歴史を消そうとするしその傲慢さは世界中で行われているし、彼らのあるべき歴史こそが正しいのである。そのようなおかしさは統一教会からも見て取れる。おかしな宗教規範、信者を不幸にしているのにそれを何も悪い感じていない。そのため朝鮮、韓国発祥の宗教は怪しいものだと思われても仕方が無い。

こんな時代遅れのカルトのお金でコントロールされているのが政治家だと思えば、なんとも悲しい話だ。

韓国人信者に求める基準が他国の信者より低い・・・不公平すぎる

情報が若干古いので日本人に対しても基準が緩くなっているという話もあるが、それでも韓国人への信仰指導は緩いのやっぱり韓国人が特別という考え方があるからだろう。

統一教会は現在の結婚はマッチングサイト方式となり双方の意思を確認するようだけど普通のマッチングサイトと違い信者のみが使えて親同士の面会、つまり文鮮明時代からの古い信者のチェックがあるという。もともと統一教会の結婚は歴史的に不幸な関係にあった国と民族同士の結婚が理想的とされ、韓国と日本人の結婚は典型らしい。しかし韓国の信者は日本の信者に対して優越感を持ち、日本の信者よりも献身的でもなく信者として結婚したはずなのに韓国の夫は信仰心もなくさらにお金もないケースもあるらしくもうめちゃくちゃである。韓国男性との家庭は地上天国と言われているとかいうらしいが嘘ばかりである。

韓国人には家族や親族を優先し、全財産を献金するようなことや人生すべてを統一教会のために生きるなんてことはないと言われているのに日本では教会のためにすべてを投げ出すぐらいのことが奨励されているらしい。

ちなみに外国人技術実習生を形を変えた人身売買というなら統一教会の文句が言えない結婚式だって人身売買のようなものである。現在は昔ほど強制力がないと言ってもそれでも今でも韓国に渡って奴隷のように我慢しながら頑張っている信者はいるはずなので外国人実習生と同じように問題にしてもいいんじゃないかと思う。韓国に渡った人が我慢して苦労して最後は配偶者を殺してしまう事件も過去に起きているので統一教会で我慢してる日本信者はいつか爆発してしまう人がいるんじゃないかと思う。

そもそも統一教会は韓国でもカルト、異端と認識されている・・・やっぱりカルトじゃん

統一教会は海外でカルトと言われているが韓国でさえも一応カルトと思われているのである。一応といったのは危ないカルトだと思われれば近づかない人は多いだろうけど信者でもない人が合同結婚式に参加したりと好意的に見ている人もいるのである。しかも日本のような被害がほとんどないのであれば異端であっても強く否定する人は多くないのかもしれない。でも韓国にもあるキリスト教信者からすると、キリスト教の教えがベースになっているとはいえ異端であるのはかわりがない。

しかし日本の政界、経済界に入り込んでいるだけではなく韓国社会の政界、経済界、政界中の政界経済界に入り込んでいるのが統一教会であるのだ。だからトランプも統一教会関連の集まりで顔を出してしまうのだろう。こうなるとなかなか利害関係をたちきるのは難しい。日本では騙されて献金してしまうことが大きな問題だけど他国でへ日本から集めたお金を様々な関連企業や団体に使い、それが残念ながら平和活動につながっていることもあるのである。反社のお金を使うこと事態が問題なので世界そんなこと気にせず統一教会と付き合っているのである。腐っているのである。結婚出来ない人に相手を斡旋しているといっても信者は騙されているわけでし、お金を平和活動に使っているといってもそのお金の多くは日本の信者をだまして集めたものだし、信者は悪くない信者はいい人なんだというかもしれないけどそれでも反社のような団体とは付き合うべきではないだろう。他国からよりも被害の多い日本からこそ声をあげないといけないのではないかと思う。

平和活動の例は平和ボランティア隊が結成されて被災地に出発したり日本赤十字社に4000万円寄付したり国連に関わって国連改革を行う国際NGO団体のUPFがいたり、世界平和と持続可能な開発目標のSDGs達成の貢献しようとしていたりと様々な活動がある。関連大体はたくさんあってどれも悪いことをしてそうに見えない。

しかしボランティアを被災地に派遣するのはブラック企業も悪い印象を払拭するためにするし、SDGsとか家族のように世界を統一する考えは気持ちがわるい。しかも韓国中心が根幹にあるというのも全く受け入れられない話である。

統一教会を否定できない人が多いのはたくさんの平和活動に関わり世界に味方を作っているからだと思う。小さい国にも味方をつくるのは中国がやっていることにもそっくり。中国は世界に迷惑をかけているけど統一教会は主に日本信者に被害者が多いらしいのでなかなか中国のように世界が統一教会を批判しないのだろうと思う。むしろ世界は統一教会の問題を知っていても悪いところを忘れかけているのかもしれない。

英語では統一教会のことをムーニー、ムーンカルトとも言われるのしカルトを信じている人も多いと思うが英語版の統一教会のホームページにはよくある質問のページに「統一教会はカルトですか?」という答えにアメリカの新宗教学者ゴードンメルトン博士を引用して間接的にカルトではないことを言っている。面白いことにこの博士がいうには簡単にいうと「カルトは欺瞞的でメンバーに有害でありあなたが嫌いなグループがカルトの定義」という。それは当たり前の話であり好きなグループからするとカルトではないだろう。国が変わればヒンズー教もキリスト教もカルトと扱われることは現代でもあるかもしれないので統一教会をカルトと決め付けるのは難しいことをいいたいのだと思うが、統一教会の欺瞞的な活動は特に日本ではその傾向があるわけだからカルトと言ってもいいだろう。

そしてキリスト教やイスラム教にはアカデミックから言っても神学があり、どんなに宗教は嘘だと言っても昔から深く考えられてきてわけだけど、それと比べると統一教会は浅はかだと言えるので馬鹿にされカルトと思われムーニーと言われあざけ笑われるんだと思う。統一教会のバイブルの聖本はみたことないけど過去の活動を見ても信頼がおけない団体だとは思う。

日本でも日本の価値観を壊す団体だと思われる統一教会だけどアメリカでもアメリカの価値観を壊す団体だと思っている人はいるのはカルトと思われても仕方がないだろう。カルトとは違ういろんな理由を言っても屁理屈にしか聞えない。韓国はよく屁理屈を言いそれに騙される人が意外と多いのだ。

統一教会のように悪いことだけじゃなくて良い事もして世界中利権でがんじがらめになっているとなかなかは排除できないと思うかもしれないが、僕はそうではないと思っている。ちょっと前まで中国べったりだったのが世界だけど今では反中になっている。それはどんなに中国がお金を出したり少なからず平和に関わったとしてもそれでも中国と付き合うことのリスクと被害が大きいからだ。技術は盗まれ政治家は買収され国をのっとられるかもしれないのだから中国と距離をおくしかないのである。統一教会も同じで世界中べったりだけど政治家や企業がべったりになって世界中の家族感、ジェンダーなどを韓国中心の考えに染め上げようとしているわけだから中国とあまり代わりが無い。主な被害が日本というところが違う点だけどそれでも韓国中心の考えを広げるのは世界でも変わらないんだと思う。間違った歴史観をあたりまえのように正しいと世界中に拡大し、韓国の男尊女卑を否定せず、世界が間違っていると言わんばかりの規範があるのが統一教会だろう。世界はいつ気づくのだろう?

統一教会の信者になる層は中間層だと言われている・・・かわいそう

日本の統一教会信者はお金のがかかるので極端に貧しい人や販売活動ができない体にハンディがある人、時間がない人は信者になかなかならないし誘われなかったりするらしい。格差が広がっているとはいえ日本は中間層が他国に比べて多いだろうから信者になりやすい環境があるのだ。学歴もありしっかり教育されていたり真面目で素直な人が多いという。実際に安部さんを殺した山上の家庭は貧乏ではありえないほどのお金を献金している。
中間層で心に入り込む隙のある人を抱え込んでお金をまきあげるなんて弱者ビジネスと変わらない。

そもそも日本は弱者ビジネスが野放しになりやすい環境があると思う。一般的に弱者ビジネスは貧困層がターゲットだけど統一教会の日本信者はお金があって心に隙がある人をゆっくりと逃げられないようにするのである。非常に背徳的だ。

背徳的と言えば刑務所にいる犯罪者たちを安く労働者として使う企業がいるのだけど労働基準法があてはまらないと言ってあまりにも安く使うのは問題がないか?と思うけど統一教会も実は昔、刑務所にビジネスを持ちかけて実際にフィリピンでものすごく安く労働させていたという事実がある。今はどうかは知らないが実際にあったはなしである。犯罪者にも労働の機会をあたえて社会復帰させることができると言っても、平和団体というならこのような背徳的なことはするべきではない。しかもフィリピンだけでなく他国でも同じように刑務所を安価な労働者として使っているんじゃないかという話もあったし統一教会だけでなくサムソンと手を組んでいたとかいう話もあったので韓国と言う国の闇が深い。刑務所に工場を建設することなどはなかなか許可されないはずなのでものすごい多額のお金が法務省や刑務局に動いたんじゃないかと思う。刑務所にいる大手ギャング団体だろうが安く使えてしまうなら使ってしまおうという統一教会はある意味ギャングより怖い団体かもしれない。
キリスト教系を名のる統一教会は弱者ビジネスに関わり刑務所内にいるギャングを利用していて、使えない人はギャングでもクビにしてたらギャングからも恨みを買い、日本の統一教会信者からも恨みを買うなどと聞くキリスト教のイメージは悪くなるのである。

モラルに反することばかりする団体からは宗教資格を与えるべきではないだろう。

そして、気になる話が統一教会信者は他の宗教信者よりも自殺率が高いという。山上の家庭も自殺した人が多数いる。おそらくだけどお金をとにかく献金することを要求するため自殺による保険金がからんでいるのではないかと思ったりもする。山上自身も自殺して保険金を手に入れようと考えていたらしいし。
人が自殺までしてお金を手に入れようとするのは何か錯乱状態に追い込まれていた可能性もある。信者の母のこと族、兄弟と父の死、統一教会に騙されているんじゃないかという疑、周りに異常なことがたくさん起こってるのに教会からはお金を要求されるとなると精神的にとても耐えられる状態ではないのではないだろうか?
さらに自殺者だけでなく過去に信者により殺人が起きている。合同結婚をしたけど幸せに暮らせずむしろ地獄のような生活をしていたという人だ。どこまで苦しかったかはわからないが、他の信者が同情するほど辛い生活があったとも言われている。統一教会は不幸を撒き散らしているだけではないのか?
つまりこれは第二、第三の山上が出るというよりもすでに山上は第二、第三の殺人を起こした人物だということも言えるかもしれない。けっしてこれから第二、第三が生まれるというのはではなくもうすでに生まれているのだということだ。

統一教会のドキュメンタリービデオを見て思ったこと

統一教会についてのドキュメンタリービデオがアメリカアマゾンにはある。製作者は統一教会の信者ではすでにない人たちに作られており、批判するためにつくったのではなくできるだけフェアな視点から作っているだろうと思われる。はっきり言わないが家庭環境からディレクターが恐らく信者の2世で結婚も合同結婚式に参加してさらに2世として生きて幸せなこともたくさあると思わされる部分も多くあった。現在でも統一教会の信者として活動してしかも初期の教会指導者でもある。そのためたぶん統一教会内では有名な人ではないだろうか?信者をやめることは親が信者であるからこそさらに感情、精神、肉体的にも難しいというのは伝わってくる。不思議なのはディレクターは統一教会信者家庭で育っているがカトリック系の学校を卒業している。カトリックを学んだのであれば統一教会を疑うのがもっと早くてもよかったのではないかとも思える。それだけ洗脳されていたのだろうか?

一番面白かったのは批判部分だけど、例えばこのようなカルトを信じる人は1960年代に若かった人が多くそれは日本だけでなくアメリカでも同じなのである。アメリカの場合は日本と違い差別がたくさんあるわけで、統一教会の神の下の世界の統一の考えは、宗教を信じないひとでさえたくさんの文化がまじまわりまとまりのないアメリカでは素晴らしいと思う人もいたに違いないと僕は思っている。ドラッグ、お酒、見境の無いS○xが氾濫するアメリカで統一教会の説教は支持された歴史があるのだ。結婚前のS○xが禁止というのも自由すぎるアメリカだからこそ意外と純粋さウケたのかもしれない。(ムンの息子達はドラッグの乱用していたらしいけど。)でもそれってジョンレノンのイマジンにも似ていてイマジンが出来たのは1971年だけど世界のみんなが価値を分かち合い、人はみんな兄弟なんだと平和の歌である。2022年中国のオリンピックでも採用されたイマジンは中華思想にそっくりで統一教会の家庭を基盤にした統一のコンセプトもそっくりなのである。戦後、アメリカや日本を含む世界では反共産主義がありそれ利用するかのように統一教会も反共産主義をコンセプトにしているが、統一教会がアメリカにアメリカで西洋批判が起こりアジア回帰が起こり、1960年代には反共産主義はやりすぎなんじゃないかと考える人たちも知識層に増え始め、核家族が主なアメリカで統一教会の考える家族観は新しく、新しい愛について学べる喜びもあったのだろう。統一教会がアメリカに本拠地を移転するのが1970年代前半と言われているので、反共に共感する人もいただろうが、信者の末端は平和や平等に共感したのではないだろうか?そして統一教会の創始者ムンが愛を叫ぶわけである。しかも韓国語を通訳する人がうまいんだと思うけど声も力強くて真っ直ぐな言葉が好きなアメリカ人の心をガッチリとらえてしまう。平和のために愛を叫ぶやアメリカのために神の祝福なんて言われたらアメリカ人は好きだろう。アメリカは1985年にできたマイケルジャクソンとその他が歌う「We are the world」という世界は一つなんだという歌が大好きだ。まぁ僕も好きだけど。アメリカの統一教会内でもWe are the worldはを合唱することもあったようだ。明るい未来と世界は素晴らしいが統一教会?ん?なんか日本での統一教会がいうおどろおどろしい恐ろしい話を信者にして献金させ、極右反共団体のイメージとは全く違ってアメリカの場合は幸せいっぱいに聞える。統一教は海外で純粋で無垢で家庭の素晴らしさを全面にだし美しい存在というイメージ作っていたのである。おそらくこれはビデオのディレクターが二世であり教会から脱退しても幸せであり教会で青春をすごした思い出も含まれているのかもしれない。また2世の時期は反共意識が少なくなった時代なんだと思う。

統一教会が信じられないのは人類のために戻ってきたムンとその妻は真の両親でありその家族は最初の真の家族と言われているのに、ムンの息子がアメリカの信者の前で「ホモはここに一列に並べ」と言って「銃で撃つ」といい声で「だだだだだ」と言ったことがある。アメリカ人信者はそこで統一教会はでたらめだと気づいたと言っている。気づくの遅すぎ・・・。
統一教会は同性愛者に厳しいのは昔も今も変わらない。はたしてそれは本当に世界は一つ、人類はみな兄弟の考えないのだろうか?結局、韓国の考える男尊女卑の家庭観であり、差別を当たり前にする考えがあるのではないだろうか?

アメリカの統一教会への批判はジェンダー問題と家庭の崩壊が主なものだとビデオを見て思ったが、日本はそれに加えて自殺まで追い込むほどのとんでもない多額の金銭トラブルだ。やっぱり日本の信者に対する教えてや命令がおかしいんだと思う。

アメリカでムンの人気が高まっているときにムンの写真がそこらじゅうに貼られて統一教会の宣伝車のようなものが走り、統一教会をサポートするためだろうけどまるでナチスの活動のようだとまで言われるしまつである。普通の宗教団体でさえそんなことはしないのだから統一教会を宗教団体と同じと考えるのはおかしいだろう。

ちなみに旧統一教会のロゴは韓国が嫌う旭日旗のようなものだった。

緊急拡散】統一教会も旭日旗だった! | 戦後体制の超克

なぜこのエンブレムなのかは理由がはっきりしないが、統一教会が最初に日本人をターゲットにしていたことと関係があるかもしれない。1954年の戦後10年たって創立されたといつ教会は日本が使っていた旗を真似て保守的な日本人を取り込もうとした可能性もある。
表向きは平和宗教団体なのに武器製造会社も所有している(所有していた?)というから驚きだ。

対策とまとめ

スピリチュアルは現代社会で悩む人々を惹きつけるビジネスだしそれは不安定化する社会、自己実現を求められる現代の苦しい人々、忙しくて日常から癒しを得られない人をターゲットにする。

カルトやスピリチュアルビジネスに対抗するには宗教文化に関わる知識やそのリスクを理解することが必要だと思う。この点は宗教を無視してきた教育制度に大きな問題があるのではないだろうか。ちなみに僕は宗教や神話は好きで個人的に勉強するのでカルトが近づいてきたり怪しいビジネス組織(たとえばマルチ商法)が身分を隠して近づいてきたときでも拒否できる。むしろ拒否してきた。拒否によって友達をなくしたとしてもそこは気にしない。なぜなら友達は選ばなければいけないものだと思うし友達にも悪意のある人や友達ということをいいことに自分のためだけに利用しようとしか考えていない偽の友達もいるのである。

そして宗教や神話が好きというのはそこにファンタジーがあるのと同時に人間としての真実も一応含まれているからである。個人的に勉強することは、勉強せずに無宗教を自認して死生観もなく宗教をタブー視する人に比べて迷いはないのである、いや、ないというのは嘘かもしれない、迷いは少ないと言っておこう。宗教文化に対する知識や感性があれば霊脳番組や占い師を相手にしてもはまることはほぼない。僕の周りにスピリチュアルにはまっている人がいるんだけど、だいたい宗教観がない人で勉強をずっとしてきて真面目で完璧主義で社会に疲れているような人だ。そんな人が占いにハマって高いお金を払ったと思ったら今度はチャクラを開けるとか言い出したりともう迷いすぎているというしかない。

僕のお勧めするのはアートだ。アートの理解は宗教観の理解につながるしアートは面白く学べると思う。ちなみに音楽が好きなら宗教音楽も宗教観の理解につながるので面白いと思う。
もっとくだけたものから理解しようとするとゲームや映画の宗教考察とか面白いと思う。

このように勉強しようと思えば色々できるので楽しんで勉強してみるのがいいんのではないかと思う。そうすればカルトに惑わされることは少なくなるのではないだろうか?

そして勉強意外では社会が求めるものをもう少し緩やかにすることが大切なんじゃないかと思う。現代人は恐らく強迫観念のようなものを感じて生きている人は多く、成長、アイデンティティ、成功、勝ち組負け組みなど行きづらい要素は少し考えただけでも思いつく。格差が拡大していると言われているのにもかかわらず厳しい社会のままであればスピリチュアルにはまってしまうのはわからなくもない。心の余裕が生まれる生き方ができる社会が求められているのではないだろうか?

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする