なぜ中国人留学生は多い?

中国人留学生は海外でよく見るが、なぜ彼らは留学を選ぶ人が日本より多いのか?

これにはいくつか理由があり、僕なりに友達に聞いたりして考えてまとめてみた。

みんな中国国内の大学に行けるわけではない

日本では各地域に大学があり、大学経営のためにも学生を獲得したいという意思もありほとんどの人は大学に行けると思う。中国は違う。大きな国土の中国に各地域に大学があるわけではない。多くの人は限られた大学にものすごい倍率競争に勝ち入ることが許される。その入学の難しさのおかげで中国の大学に行けないと思った学生は、入学しやすい海外を選ぶのだ。

大卒がどうしてもほしい

中国で仕事を得ようと思うと最低でも大卒が必要だという。これは日本で考えるよりシリアスに考えられているように思う。なので中国国内の大学の入学が難しいというのは受験前から分かっている人も多いので、最初から留学を考える人が多いのだとか。ただ、大卒がほしいというのが一番の目的な人もいるので、中国人クラスメイトは海外の大学卒業後に中国にもどるという人が何人もいたのは納得がいく。

面白そうだからと簡単に留学を選ぶ

彼らの行動には時々驚かされる。深く考えることなく行動するときがあるからだ。欲しいから高い車を買ったり、一人が怒り出すと考えもせず同調して怒り出したり、ゴミを適当に捨てたり。このような行動はすべての人に当てはまるわけではないが多く見つけることができる。

中国人クラスメイトにどうして留学を選んだの?と聞くと、面白そうだから!という人が多かった。このフットワークの軽さは悪さでもあるが良さでもある。この理由も留学に影響しているだろう。


留学だけなく中国の経済成長は彼ら彼女らのフットワークの軽さが影響していると思われる。

会社を起業してはつぶしてまた起業してのように、日本ではあまりみない行動力を見せ付けられる。停滞感のある日本に必要なのはフットワークの軽さなのかもしれない。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。