日本のファッションスタイルは日本ファッション業界の洗脳なのだろうか

日本の男女のファッションはオシャレすぎると友達に言われる。

日本が正しいのならその友達に対してファンションが遅れているんだよと言えるが、言われたのが一カ国の友達だけではないのでちょっと考えてしまった。

日本で紹介されるアメリカ男性のファッションはファッショナブルでかっこいい!というイメージだと思う。実際のアメリカ人の多くは太っている人も多いし、オシャレなんてどうでもいい人もたくさんいる。オシャレな男性を見つけるのが難しいくらい。
日本女子の髪の手入れや毛に対する気遣いも相当高い、高すぎる気がする。

これを行き過ぎたことと仮定すると、しっくりくることが多い。

例えば、労働環境で言えば他国と比較したすれば日本は過剰労働の割合が高いと思う。日本で当たり前と思う働き方は当たり前ではない。つまり行き過ぎていると言える。

また、他人に対して気を使いすぎている人が多いと感じるので、それも行き過ぎているのではないかと感じる。

痩せている人が多いと感じる日本。行き過ぎているようにも見える。

いろいろあるが、行き過ぎていることがたくさんある日本だからこそファッションも行き過ぎているのではないかと思えてくるのだ。

言い換えると日本はみんな一緒に真似したがるとも言える。そのため流行もしやすい。韓国もオシャレな人が多いし、多くの人が同じような格好をしたりする。同調圧力というのだろうか。韓国の自殺率と日本の自殺率が高いのは世界でも有名だし、これは洗脳により追い込まれている人が多いのかもしれないとも考えられる。

日本女子がかっこいいと思う男性ランキングは、友達から子供過ぎると言われたり、ダサいと思う他国の男性のファッションに対して、友達は日本男子は女っぽい格好が多いと批判する。

何が正のかはわからないが、同じような格好や過剰までにファッションに対して努力しているように見える日本では日本人は洗脳されていると思われても仕方が無いのかもしれない。

他国の男性の気楽な人までの女性へのアプローチを見ていて、日本人はシャイというより洗脳されているのではないかと思うことがたまにある。

だからと言って日本の流行っているファッションをしなくてもいいという話ではなくて、それも魅力としてバランスよく取り入れればいいが、行き過ぎている人は多いのではないだろうか。このバランスとは他国の人の感性と日本で流行る服の感性を比較しながらでないとバランスよく取り入れることはできないだろう。このバランスの到達点は、見た目が日本人ぽいファッション、アイテムを取り入れているけど他国のセンスからしてもクールだねと思われ、日本人からも悪くないと思われる取り入れ方が理想だろう。それが出来たら洗脳されてないと言えるのかもしれない。それには他国のセンスを知り、自分の魅力を知らなければいけない。なかなか難しい。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。