日本のファッションが面白い

日本に帰国したときにすぐに分かる違いが、ファッション。

男性は斜めがけのショルダーバッグをしているし、ビジネスマンはトートバッグを持ってたり。

僕の周りのアメリカの男性はあまりそのようなバッグを持たないので、日本男性が女性化したのか?と思ってしまった。

そういえば、ヨーロッパでも日本の男性ファッションは女性っぽい、と思っていることを誰かが話しているのを聞いたことがあるが、言われてみればそうかもしれない。

細身のズボンや、筋肉ムキムキよりガリガリに近い男性がもてはやされたりしているのを見ると、本当にそれかっこいいのかな?と思ってしまう。

見方によっては日本の男性は女性マンガの男性になっているんじゃないだろうか?細いオシャレな男性。

ちなみに僕の周りでトートバッグを持ったり細身のパンツをしているのはゲイが多い。

僕達のおしゃれ感覚というのはファッション業界によって左右され作られているようにも見える。

ヨーロッパではアメリカ以上にファッションを楽しむ男性は多いと思うが、それでも日本ほどみんな同じような格好にはならないだろう。

しかし本当にどこ歩いても斜めショルダーバッグを持つ男性に遭遇する。また女性の化粧もファッション雑誌から出てきたみたいにみんな同じような化粧をしているように見える。

僕も日本でいたときはこんなにファッションに気を使っていたようにも思う。でもそんなにファッションを気にしなくてもいいのではと思う今日このごろ。

そういえば、改札近くで道行く人のファッションを撮影しようとしたら「止まらないで!」って言われた。みんな必死すぎだよ・・・。それとなんとなくみんな黒っぽい服が多い気がするのは気のせい??

日本綺麗だけど、アメリカのほうが気楽だな。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。