アメリカに留学するなら送金に使うVenmoはダウンロードしておくといい(メリットデメリット)

Venmoというのは携帯のアプリで財布を持てなくても送金ボタンですぐに送金できるサービス。アメリカってテキトウな人が多くて払わなくてもいいかっていう人もでてくる。回収するときに後で誰が払ってないかなど忘れていたりする。でもVenmoを使うと送金履歴が残るため誰が払っていないかがわかる。もちろんこれはみんながVenmoを使うことが前提だ。日本人同士の場合は現金で払う人も多いと思うのでVenmoが使えないケースがあるけど他の国の人同士のときはかなりの割合でVenmoがないと相手も困るし、今現金ないから後でお金払っていい?とかになってくる。ものすごくややこしくなるのだ。しかもコインという細かいお金が出てくるとお金を持ってきていない外国人にコインを片付ける必要な財布さえない人もいる。とにかくVenmoがないと大変だ。Venmoを使ってみたらじゃなくて使わないとけっこう大変だから使うべきだと思う。
食事だけじゃなくてグループでUberに乗ったりすることも多いと思うアメリカでVenmoがないと何もかもが後になってしまって遠くに住んでいる友達に時間を合わせて学校で会うとかして現金を渡すなんていうわずらわしいことになる。

日本のキャッシュレス化はまだこれからだからイメージが沸かないと思うけどキャッシュレスになるということはキャッシュレスに対応したツールを現金を使いたい人も持っていないと相手も自分もややこしいことになるということだ。
簡単に送金できるので誰かに送金されたら危ないけど送金できる少ない金額が限度額として決まっており、もしも大きな金額を送金されても限度額に到達して送金できない。家賃が20万だった場合はたぶん送金できないと思う。

Venmoがもう一つ便利なのが学生同士って考えがコロコロ変わることがある。そのときお金を送金し合うときに手数料がかかっていては学生としては負担が大きい。でも後で多く送金しすぎた、少なすぎた、多くもらいすぎてすぐ送金し返そうということが簡単にできるので、さっさとお金にかかわること終わらすことで後でストレスもないし悩みも少なくてすむ。それにVenmoってお金増えているわけじゃないのにお金が入ってきたりする感覚になるのでなんか面白い。

Venmoってコメントを見ていると誰が良く食べているかとかコメントにもよるけど何を食べているかとかわかるからちょっとしたマーケット分析みたいなことができそうで面白い。登録している友達だけじゃなくて他の人のコメントも見ることができるのでVenmoで家賃この人毎月払っているとかコメントに毎回McDonald’sって書いているからマック毎日食べているとかわかる。ちょっとしたVenmoのいろいろな使い方を見ることができてちょっとしたマーケティング分析ができて面白い。登録している人達はよく○○を食べている。予想金額はこれぐらいかなとか。金額は送金された側した見ることができない。○時に良く支払っているから○時ごろに良く食べているんだろうなぁとか。まる分かりではないけど予想できる情報をみんなシェアしているのでなんか怖い 笑 僕はそんなこと細かく調べないし調べたいっていう特定の人もいない。でも調べようと思うと調べることができるのでVenmoから犯罪に使われるってことがもしかしたらあるんじゃないかなって思うけどどうだろう。しかもVenmoって携帯アプリだからもし何か問題のある人が使った場合、例えば指名手配の人とかだとしたらVenmoを使えないようにすぐにできるじゃないかと思う。あまりにもVenmoがアメリカで簡単に使えるから怪しいお金の送金とかたぶん使われるんじゃないかと思う。コメントなどからマーケティング調査や何かしらの調査ができると話したが、Venmo側でもしかしたらすでにあえてセキュリティの関係でコメントを調査しているかもしれない。つまり検閲だ。コメントは調査して送金した人の顔をチェックしてフェイスブックでもチェックして銀行と連携しているから銀行にも報告されてと、悪いことをしたらVenmoから芋づるしきに割り出されるんじゃないかと僕は思っている。しかもVenmoは受け取ったお金は一度Vnemoに止まってTransferボタンを押さないと登録した銀行に送金されないからVenmo側でも銀行側でも悪いことをしたら止められるんじゃなかいと思う。それともしハッカーがVenmoの個人アカウントのアクセスに何かしらの方法で成功した場合、簡単にパスワードや紐付けられている銀行が変えられる。あぶないけど便利でないとアメリカで困るアプリだ。Venmo側で悪用されないことを願いたい。あとあくまで僕の想像だけど。

これは日本のキャッシュレス化も同じことが言える。日本のLineはコメント内容を検閲してないようだけどたぶん検閲していると思ったほうがセキュリティ上いい。日本のキャッシュレス化がLine実現されたときに芋づるしきに犯罪組織が摘発されるということが起きるかもしれない。振り込め詐欺がATMを使わなくてもLineから送金させるとかありえるわけだ。でもキャッシュレス社会は怪しいお金の流れは検閲している会社からするとわかりやすいだろうから振り込め詐欺って難しくなるじゃないかなと思う。使われたら簡単に送金されてしまうからあぶないけど送金の保留なども簡単に銀行側からできるだろうからキャッシュレス化は便利だけじゃなくてお金の流れが分かりやすく犯罪を見つけられやすいといういい面もあるのだろう。

それとVenmoは口座がアメリカにあればいいので日本に滞在してもアメリカの他の口座へ送金ができる。日本の口座からは送金できない。

ちなみに短期の留学生にはVenmoは必要がない。Venmoはアメリカで銀行口座を作る必要があるため長期の留学生しか銀行口座を開設しないと思う。

まとめると

メリット

・アメリカではたくさんの人が使っているのでお金のやりとりで困ることが少なくなる。留学はストレスが多くなる環境なのでストレスは少ないほうが学生生活はいい

・手数料がかからないので気軽に送金できる。

・SNSの機能も付いているので友達が何を食べたかと言った簡単な情報がわかる(シェアされるコメント次第)

・キャッシュレスなため現金を持ち歩かなくていい。

デメリット

・アメリカの銀行口座がないと作ることができない。

・セキュリティが完璧というわけではないのでもし誰かに携帯を盗まれたら送金される可能性がある。(送金できる限度は決まっている)

・コメントや送金した時間からなどからその人の生活状況が分かってくるので悪用される恐れもある。

以上のことがメリットデメリットだ。
デメリットがあるからといって使わないのはアメリカで生活する上で考えずらい。それだけVenmoが浸透していた無いと不便なのだ。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。