アメリカのキレるお年寄り、若い人達

お年寄りというと日本でもなぜかキレる人が多いイメージなんだけど、アメリカでもお年よりはキレると思う。さらに若者もキレる。その理由はステレオタイプな人が若い人より多いと思うこと、仕事もしていない、体もあんまり動かなくなって怒ることが一番の簡単な主張だと思うこと、アメリカの食べ物が悪くて怒りやすいと思うこと。

1:ステレオタイプな人

どこの国にもステレオタイプって存在していて偏見の塊で差別主義者な人はいる。そもそもアメリカは日本よりステレオタイプが多いんじゃないかと思う。男はこれ、女はコレ、ゲイ、レズは認めないなんていう人も田舎にいけばたくさんいると思う。さらに海外旅行する人よ国内旅行を選ぶ人が多いとおもうこともステレオタイプになりやすいと思う。それに田舎ぐらしのアメリカ人はコミュニティも狭いと思うしなかなか別の州に移動もできなかったりして見ている世界が狭いと思うからお年よりだと考えが固まっていて相手を理解できずにキレるって人はいると思う。

2:アメリカの食べ物が悪いのでキレやすくなる

これはドナルドトランプを見るとわかってくるんだけど、トランプは怒りやすいので有名で食べ物もバーガーが大好き。塩や砂糖がたくさん入っているものばかり食べていると短気になるというのは有名な話でアメリカは明らかに日本より食べ物がしょっぱかったり甘すぎたりするので、それに慣れている人は塩と砂糖を毎日取らないとイライラしてくると思うのでキレやすくなる。お年寄りって今より多様な食事をしてきてないと思うのでキレる要素はかなりもっていると思う。さらにアメリカは貧困の人もたくさんいてまともな食事をしていない人もたくさんいるのでキレる人は多いと思う。

3:意外とストレスが溜まっている老人がいる

アメリカ人って日本人より気楽で楽しそうな人が多いと思うけどそれも人による。特に白人や黒人よりアジア系の老人のほうがキレるイメージが僕にはある。電車などの公共機関でキレる人老人は中国系かなって思う老人が多い。アジア人の老人はなにか機会があって移民してきたんだと思うんだけど、映画があまり使えないから電車内のお年よりなどが座る席に若い人が座っていたら露骨に「どけ!」って感じで怒る。アメリカ社会で怒ることでしか感情をうまく表現黒できないんじゃないかと思う。黒人や白人は家ではキレることがあるだろうけど外ではあんまりキレるところを見せていない気がする。近所の白人おじいちゃんは家ではキレているけど外づらはいい 笑
白人と黒人で外でキレる人はホームレスな人が多いように思う。

4:アメリカは怒る文化だと思うこ

アメリカは年齢関係なく怒る人が多い。怒ることが文化みたいになっていると思う。例えばストライキはよくあるし、感情的になる人が多くてそれが当たり前みたいになっていると思う。学校でもなにか文句があれば言わないとそのままになるし言えばいろんなことが変わるのがアメリカだと思う。

5:キレる要素はたくさんアメリカにはあると思うこと

テキトウな人が多いので歩いていて傘があたるカバンがあたるなんてことはたくさんある。それにいちいちキレていてはきりがないんだけど中にはキレる人がいる。これも年齢関係ない。車の運転もテキトウでいつ事故が起きるかもわかない状況は日本より多い。英語をしゃべれない移民してきた人をあまりいいとは思っていないアメリカ人も意外といるということもキレやすくなる環境的な要素だと思う。そんな怒りやすい人たちが多いアメリカの病院に行くと怒っている人をやっぱり発見することができる。なんの病気なのかしらないけど泣きながらいつ治療できるの!まだなの?って大声でキレる人など。

怒る老人はストレスを抱えていると思うし、怒らないで生活できるならしたいんだと思うんだけどそれが出来ないんだと思う。頭が固くなった人はなかなか柔らかくならないし、中毒にも見える甘すぎるしょっぱすぎる食事は人をますます怒りやすくするだろう。さらに貧困の加速、賃料の上昇、犯罪の増加、アメリカの国際的な信頼の減少、PTSDは日本より多いんじゃないかと思うこともキレる人が多いと感じる原因じゃないかと思う。特にサンフランシスコなどは他の州に比べて多様すぎるほどいろんな人種、考え方が詰まっていると思うので事件、トラブルが発生しやすいと思うしストレスも溜まりやすい環境なんじゃないかなって思う。それとアメリカ人が気楽で楽しそうと見えることがあるのは感情が激しくてまた、自分のことしか考えていない人が多いからなんじゃないかとちょっと思ったりもする。人の話を最後まで聞かない人や話しをかぶせてくる人なんてたくさんいる。もちろん英語の構造上わかりやすく何が言いたいのか言わないといけないから、ちょこっと話しただけで分かった気になる人は多いと思うが、それは誤解勘違いを生みやすい人が多いんじゃないかとも思った。ちゃんと聞かない難しいことを考えないようにしてて楽しいことに流されやすい人が多いんじゃないかなって思う。様々なことがかさなってアメリカの人って老人も若い人も怒りやすいと思う。

日本ってキレる人が少ないことも日本は安全だと思える。また日本でキレる人とアメリカのキレる人ではタイプが異なると思うので同じ人間でも対処の仕方が違うと思う。日本の場合は本当に相当なストレスが溜まっている人やコミュニティーがアメリカの人たちより狭いもしくは無い人が誰でも相談できずに考えがどんどん悪い方向にいったりして怒るや犯罪につながるとかあると思う。

同じ人間でも国が変われば怒る原因が違うと思うと医師の診断は国が変われば正しく診断できないことがあるんじゃないかとも思った。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。