アメリカと日本のホームレスの違いから考えたこと

ホームレスについてクラスで話し合う機会があった。
アメリカのホームレスはとても汚い人が多いし、ときどき恐怖さえ覚えてる。
反対に日本のホームレスはとても綺麗に見える。

クラスメイトにはアメリカ人、台湾人、韓国人、中国人、ブラジル人がいた。
日本のホームレスの恵まれた環境にみえることに驚く人も多かった。
生きやすさはホームレスによると思われる。
日本では物乞いなんてないし、ホームレスに話しかける人もほとんどいないと思うけど、アメリカだと話しかける人も多いし、物乞いも多い。話しかけてお金を渡す人だっているし気軽さというか精神的な面が違うと感じる。

アメリカのホームレスは精神的に病気になっている人が多いと思うのも大きな違いだと思う。
ドラッグ、酒などでもう働けない人。すごく叫ぶ人もいるし、ものすごく臭かったり、ものすごく怖いと感じる人も多くいる。いきなり笑い出して叫びだす人とか外でランチしててもいきなりランチしている人の横に座ったり、それでも悪いことをしているわけじゃないのでどっか行ってとはいいづらい。

日本とアメリカどっちがいいかというのはものすごい難しい。しかし日本の場合は静かに迷惑かけずにルールを守ればホームレスでもアメリカのホームレスより生活水準は高く見える。
でもどこか顔が幸せそうに見えるのがアメリカのホームレス。
やっぱり人と話す機会が多いからだろうか。

このことから考えたのが、ホームレスにはいい言葉を投げかけてあげることは精神的にとてもいいんじゃないかと思った。待ちいく人がちょこちょこカップを持ったホームレスに声をかける。そしてそんなホームレスは笑顔だったりする。
うってかわって日本のホームレスはホームレスじゃない人と話したがらないと思うけど、この考え方が変わっていろんな人が励ます社会になり、さらに今のようにアメリカより生活しやすいホームレスの社会をさらに向上させれば、日本のホームレスはかなり恵まれているということになるんじゃないだろうか。アメリカと日本を足したのがいいと思った。

このアメリカの人が幸せそうに見えるというのも、ホームレスじゃない人からもうかがえる。
例えば、給料をパァーっと使う人とか、貯金もする人は多いと思うけど、貯金もしない人も日本より多いと思う。これはアメリカの先生が言っていたから正しいと思われる。
そのつきにお金がなくなればカード!ってなる人は多いらしい。
これはアメリカの経済成長にかなり貢献していると思うって言っていた。

それって自転車操業じゃん!って思ったけど、まぁそれで社会がそこまで問題をかかえず回ってるんだったらいいんだけどね。そして実はアメリカ人はクレジットスコアが悪い人が多いという人が何人かいたのもうなずける。クレジットスコアとはきちんとクレジットカードの支払いをしているかどうかの信用を図るスコアでこれが低いと賃貸も借りづらい、アメリカでの社会的信用が低下する。でもこの後先を考えないっていうのが幸せに見える要因の一つだと思う。日本人だと、あれを節約して、あれしてこれも節約、あれこれあれこと考える。それがやっぱりストレスにもなっているんだと思うし、自殺率が高いのもこの考えすぎというのも関係あるんじゃないだろうか。考えるからいろんなことが心配になって、お金のためにたくさん働いて苦しくなったり。

給料水準も日本より高いし、また退職後お金に不安があれば、物価の安くて英語の使える海外に行けるというのも、あまり将来に不安を感じてないんだと思う。問題があればストライキ!
パーティー大好き、もう騒いだもん勝ちみたいなところがある。またアメリカ人の中には仕事をリタイアしたら物価の安いところで住むって決めている人も意外と多いんじゃないかな。
言語の壁もあまりないし、例えばフィリピンとか。その別の国で住むという気軽さも将来を不安にさせない要素だと思う。また自分のことは自分でする、権利は勝ち取るっていう考え方が強いから、その要素も関係しているだろう。女性の権利!ゲイの権利!ホームレスの権利!みたいな。

でも権利、権利というのもいいけど、日本の今の生活水準を下げずに自殺率を改善することが出来ると、それは本当に生きやすい社会になるんじゃないかと思った。働き方も変わるだろうし、人との接し方も変わるだろうし、社会制度も大きく変わるだろうから、自殺問題を抱えている韓国や自転車操業のようなことをしているアメリカ、格差が激しく偽の商品の多く自国を信じていない中国からも羨ましく思われるだろう。経済的に豊かでかつ誠実に偽り無く助け合う社会というのはなかなか世の中にない。それには将来を不安にさせない仕組みが必要だし、チャレンジしやすい環境と不安にならないための教育が必要だと思う。例えば英語、また他の言語、そして仕事も自分でできる力。

チャレンジしやすい環境と言えば、アメリカでは本当にクラウドファンディングが盛んだと思う。お金を集めるのにリスク無く日本より簡単に集まるんじゃないかと思ってしまう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。