英語をずっと使い続けていると日本語が出てきづらくなる

英語で考えることが多いと知らないうちに日本語が出てこなくなることがある。僕も日本で生活しているときは日本語が出てこなくなるなんて嘘でしょって思っていけど本当に出てこなくなることがある。日本にいる友達に話しても信じてもらえないけど簡単な単語が口から出てこなくなったり書けなくなってくる。これはダメだと思って英語だけじゃなくて日本語も頻繁に使っているものの英語の上達と日本を忘れないようにするバランスを保つのはなかなか大変だと思った。

毎日英語で宿題して毎日英語で会話して毎日英語で考えていたらそりゃ日本語を忘れてくる。この状態を古代人に当てはめて言語を忘れないようにみんな気を使ってきたんだなと思ったり植民地や奴隷になり多くの文化が失われ言葉も忘れていった歴史があるのに古代ヘブライ人たちが奴隷になってもヘブライ人として当事特殊だった一神教を忘れずにヘブライ人としてまとまれたことはとてつもなくすごいことだと思わされた。その結果、現代のキリスト教、イスラム教に影響を与えることとなるのですごい。
ちなみに日本語で話しているのに英単語が出てくるのはあまり良いことじゃないと僕は思っている。なぜなら日本語で話すべきところを英語で終わらせてしまうのは大切なものがどんどん失いそうな気がしてならない。

日本語を忘れてしまうというのはけっして海外にいる人だけが考える問題ではなく日本にいる日本人も同じことが言える。日本ではまだ人口が一億人以上いるので言語がなくなってしまうかもしれないという恐れを感じないかもしれないが移民が多くなり日本人が減少してくると今の日本語はどんどん変わっていくと思うし日本語の今の文化も薄まることとなると思う。日本ではカタカナ、漢字、ひらがな、英語、ドイツ語、フランス語などいたるところにあるけどそれを気づかないという点ではもうすでに日本語を失いかけているのだと思う。そして日本で日本人としてのアイデンティティを考える人が少ないのもまた日本人というのを忘れていく要因だと思う。それは宗教や日本の芸術にも影響しているし宗教をタブー視して芸術を軽く見る時点で徐々に日本人は日本人を忘れていくかもしれない。

日本語を忘れないようにするというのは日本語のよさも理解することにも通じる、なぜなら日本語の良さが分からず英語でいいや!って思うとどんどん日本語を忘れていくだろうし逆に日本語はすごいと思って忘れないように努力していると日本語の特徴、文化も忘れないようにできると思う。言語はその国の考え方、生き方、精神に関わるもので言語が分かり特徴が分かることで各国の美的感覚、正義、宗教などが見えてくる。これからどんどんグローバル化していく世の中で言語の違いによる様々な特徴を知っているかどうかで各国への文化への感心、違う人に対する感心なども変わってくると思う。
言語だけではなくサブカルチャーも同じで、例えば日本のアニメもグローバル化していき日本と海外の作品との差がどんどん縮まっていることも何が日本の強さかを考えて成長させ続けないと海外のアニメに飲み込まれてしまうんじゃないかと思う。古代ギリシア人達が貿易を盛んにして多文化を吸収し自国の文化を広げたのはいいけど、どんどん周りも同じような文化になって自国で大切だった青銅が他国の鉄が入ってきたことで青銅を使ってきた文化が薄まったというのがある。そして古代ギリシャは敵に襲われて暗黒時代に突入する。文化交流は素晴らしいけども、敵に自国のことを公開しすぎたんじゃないかと勝手に思ったりする。
現代で言えば戦争がないというのは幻想、すでに世界は情報戦争をしているわけで情報によって文化の破壊も起こりえると思っている。こんなに情報が溢れる世の中で文化を維持していくのはなかなか大変なことじゃないかと思う。気づかないうちに今までにあった思想や美的感覚が破壊されていき日本文化は薄まるんだろうなぁと思ったりもする。

そして人の中では英単語がでてきてカッコイイ!って思う人もいるかもしれないけど、このカッコイイという感情に流されることは後で後悔することが多いと思う。海外から来たジュースやバーガーがかっこいいと思って日本で食べたりしても食生活が変わってきたと思えば体に悪い影響が多かったとか、かっこいいと思って移り住んだ別の地は変な人が多かったとかカッコイイと気軽に思わないようにしたい。これは海外という異文化に対して思う気持ちが自国の文化を薄めてしまって後で後悔してしまうということになる。かわいい、かっこいいものを見て理由が海外だからじゃなければかわいいと思ったりしてもいいと僕は思っている。でもカタカナで英語を取り入れて話すことで言葉の意味が一人歩きしだしたり間違った意味で広がってり間違って広めるぐらいなら英語をカタカナ読みするんじゃなくて日本語でいいんじゃないのかーって思ったりもする。

それと自分で日本語を忘れないようにするというのはバイリンガル教育の理解に繋がると思う。親が子供にバイリンガル教育をするけど親はバイリンガルでないというケースは多いと思うので子供の大変さがわからないことがあるんじゃないかと思う。

ブログを書いたり日本語の本を読んだりしながら日本語を忘れないように気を使いつつも英語を忘れないように英語の上達も含めて英語でも考えることをしないといけないとなるとなかなか大変だと思った。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。