見た目で判断することは差別でもなく普通

見た目で判断することはしてはないけないとアメリカではいう。なのに多くの人は見た目で判断をしているから面白い。
履歴書でも見た目で判断する必要がないから写真は必要ないと言われ、それなのにLinkedinでは写真か何かわかる画像を求められる。面接では見た目は関係ないスキル重視だといいながら服装がその業界に合う合わないがあって知らず知らずにチェックを受けている。見た目で採用はできるだけしないようにはしているとは思うが少なからず見た目が影響はしている。

黒人じゃない人が黒い肌にしたら差別だと問題にしたり見た目の違いについて話すと差別になることもある。見た目は気にしないといいながら靴やらシャツやら気にする人もいるし気にするしないという基準が違う。結局見た目は重要なのだ。

見た目に縛られるのは避けたいけど見た目で良し悪しは少なからず判断できるので見た目を気にしないのはバカだと思う。
でも僕は日本のみんな同じように頑張って見た目を整えるのはやりすぎているんじゃないかなって思うからなんでもバランスは重要だと思う。
見た目を気にしない人が多いと海外で思うのはそれだけ基準が人それぞれ違っていて同じ教育を受けられるわけでもなく生き方が日本以上にバラバラなんだと思う。

少なからず見た目を気にしないとバカを見るのが人に騙される、危険な目にあうとかだ。
知らない人が近づいてきて話しかけてきた場合、見た目でただのホームレスなのか、小切れない格好でお金を要求してきている商売でやっているような詐欺師みたいな人が、臭いや表情で何かあぶないことやっている人なんじゃないかとか気にすることが見た目だけでできる。

特に海外は色んな人がいるので見た目で判断しないのは日本以上に難しいと思う。むしろ見た目でどんな人が分かりやすい人は海外で多いと感じる。ブランドバックを持っている人もっていない人がはっきりしていたり、ファッションに気を使っている人使っていない人もハッキリしている。そこからどんな趣味なのかお金にこだわる拝金主義者なのかわかりやすい。日本の場合みんな同じような格好するから見た目でわからないようになっているようにも思う。それを平等として良いこととしてとるのか正しく人材判断ができないので良くないととるのかの判断は人それぞれだろう。

見た目が重要と思うのは見た目でその人の強さや努力をする人なのかがわかること。見た目が筋肉があってものすごく努力している人なんだんぁと思っても筋肉以外の見た目に気を使わない人はバカなのかな?って思うこともしばしば。そんなバカもバカ正直にまっすぐ人を助けようとするところはすごいなぁって思うけど。
強さと言えば筋肉だけでなく生きていく上で強いかどうかということでもある。悩みが多い人だと精神的に病んで死んでしまうかもしれないしあまり精神的に病まない人もいる。どちらも見た目にそれぞれ特徴があるからこそ見た目は重要なのだ。顔がやつれている、見た目は発言に影響すると思うので発言もどこかあぶなっかしい。どこか不健康そうだなぁと思うとご飯も食べてないないぐらい見た目にコンプレックスがあって病んでいたり、どこか他の人より目立つ服着ているなぁと思うと見た目とお金にコンプレックスがものすごいある人だったり、声がどこか荒れているなぁと思うとお酒飲みすぎている人だったり、肌のつやがものすごく悪い学生だなぁって思うとストレスが多い人や睡眠をあんまりとらない人だったり。
すごく静かで不思議な人だなぁって思っていたら中国人であんまり授業に興味がない人だったり。

見た目からくるいろんな情報でいろんなことがわかるから見た目は関係ないなんていうのは嘘か見た目にコンプレックスがあってそういいたい人かポリティカルコレクトに縛られ過ぎている人かバカなんじゃないかなって思う。

見た目ってアートでも同じことが言えるけど見た目は人の気持ちを楽しませたり安らげたり安心させたりするから見た目を気にしないというのは人の気持ちをあまり考えていないんじゃないのか、陰謀論で言えば人の気持ちを考えないことをあえて勧めて分断させたいのか人をバカになるように誘導して使えやすいコントロールしやすい人にしたいんだろうかって思っちゃったり思わなかったり。見た目を気にしないということを本当に信じてしまう世界になって何が起こっているかというと見た目によって判断されてお金もっていると思われて狙われるとか変な人が近づいてくるとか。フェイスブックなど例にするとわかるけど見た目を自慢する人が多いけど結局それで危険になることもあるし、見た目を気にしないと思い込んでいると危険になることはたくさんあると思う。相手に悪い感情にさせるし攻撃対象になったりするとますます世の中不安定になっていくんじゃないかなって思う。

見た目を気にしないなんていいだしたら人類のペットであり友の犬にも猫にも笑われる。彼らは見た目で判断しているし見た目で判断することがわからないと動物達を安心させられないかもしれないし理解も難しいんじゃないかなって思う。動物だけじゃなくて食べ物を選ぶときだって見た目で良いか悪いか判断するしなんでも見た目は大切。

現代ってポリコレが厳しくなりすぎて人との違い、人種の違い、性の違いを受け入れられないようになりつつある。おかしな話だ。

ちなみに僕はゲイやレズは許容しているけど完全に受け入れるかというとちょっと違う。ゲイやレズばかりになれば人類は滅んじゃうからそれだけじゃダメだよねって思う。でもゲイについては歴史上戦いで使われてきた歴史があって活躍した歴史があるから、受け入れないといけないのかもなーと思ったりもする。
紀元前などでもゲイはいたらしくゲイ同士のカップルの兵士はものすごく活躍したらしい。お互い強いしお互いを守りたいという忠誠心のような愛は忠誠心のないお金で雇われただけの兵士より強かっただろう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする