学校に行く必要がないという人がいる。

日本の学校では奴隷を作っているようなものだ!学校行っても社会ですぐ活躍できる人材にならない!

という人がいる。

日本の大学で学んでいることは本当に役に立つか疑問だけど、学校に行く必要がないとは思わない。少なくとも日本の学校ではみんなに世界中の子供が学ぶことを学ばせている。それはとても必要なことだと思う。逆に学校で習うことを学習してないと海外の学生と話したときに知識がなくて恥ずかしい思いをするかもしれない。例えば歴史とか、数学とか。

さらに海外は日本より学歴社会!学校行かず学歴が無ければいい仕事に就けない人も多い。もちろん技術があれば仕事があったりするが、それでも学歴がみられないわけではない。

もし世界で働きたいなら学校が行くべきなんだ。

僕も学校なんて行く必要ないんじゃないの?とか思っていた。学歴が必要でないのは一部の職業に限られると思う。例えばプログラマー。

でも仕事に就くときに学歴があるプログラマーだと見られかたも違うと思う。

学校へ行く時間があればもっと役に立つことを勉強したほうがいいと思うこともあったが、それは学校へ行きながら学歴を取得し、個人的に勉強すべきなんだと思う。もっと言えば自分のためを思えば日本の大学よりアメリカやカナダ、イギリスとかの大学がいいかもしれないが。

日本ではほとんどの学生が大学に行くので大卒の価値が低いように思う。しかし他国ではみんなが大学に行けるわけでもない。そのため大卒にもそれなりに価値があると見られるのだと思う。

例えば博士号まで取っている人がどんなに若くてもその人の考えは一目おかれる。その人の学歴がその人の知識をプロフェッショナルとして証明しているからである。学校にいかなくてもいいと言えたのは、日本の状況しか考えてないからなんだと思う。

ただ、日本の大卒の価値は低いように見えるので学校に行く行かないより、学校をどう本当に価値のあるものに変えるか重要に思う。

時代とともに学校に求められるものは変わってきているはずなので、時代に合わせて学校が素早く変わる必要があるだろう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。