オンライン英会話をしていて思ったこといろいろ

オンライン英会話といえばフィリピン人が多い。

そして仲良くなると、いろんな話を聞くことが多くなる。
例えば、友達が日本のパブで働こうとしているけど大丈夫か?
私も誘われているけど、行ってもいいのか?

とか

同僚が日本人と結婚した、結婚式はフィリピンじゃないみたい。

フィリピン人ってやっぱり今でも日本に夢もってるみたい。
僕はパブなんてやめたほうがいい、というしもっとまともな仕事をしたほうが
いいと勧める。

いくつかのオンライン英会話をしてきたが、仲良くなりすぎると友達みたいになって、
なぜかその子の友達を紹介されたりしたこともあった。
僕は付き合うきもないし、あんまり連絡もしない。なぜなら僕のイメージだけど、フィリピン人を追いかけるのって日本で女の子に相手にされない人みたいなイメージで、どこか妥協した感じがあるのが嫌なのだ。

もちろん、その子に日本人と比べてたくさん魅力があれば話は変わるけど、多くのフィリピン人は日本人と比べて怠慢な人が多いと思うし、フィリピン人にも英語が普通レベルの子とものすごい得意な子と英語レベルが違いもあり、英語をものすごく得意な子というとかなり少ないと思われる。この得意な子というのはフィリピンなまりが抜けており、単語もかなり豊富にしっている。ということである。そんな子は日本語を勉強しても飲み込みが早いと思うので生活はしやすいと思う。それに怠慢だとスキルが付きにくくてその人の魅力にかける。

そして仲良くなると、彼氏彼女の話をすることもでてくる。日本とフィリピンの男女間の考え方の違いやら、フィリピンで流行っている出会い系など。一番嬉しかったのが、個人的に文通や、お菓子なども送ってくれたり本当にフィリピンとつながっているんだって思ったことも多かった。

しかしフィリピンってやっぱりお金が大好きだと思う。フィリピンの離婚原因の多くもお金が原因ときくし、経済成長しつづけているフィリピンにおいて、最近の若い子は欲しいものがたくさんあるのだと思う。昔と違い、インスタグラムなどのソーシャルネットワーキングからの影響も強く、お金に対する強い願望があると感じることが多い。

それの願望は日本人と結婚するとガッカリとさせることになるかもしれない。
日本ではお金を節約してなんとか毎日生活している人は若く結婚した人には多いとおもう。
そんななか、フィリピン人のを満足させられる生活をするのは難しい。もしかしたら、フィリピンで生活していたより日本の生活が惨めかもしれない。

あと、僕が好きになりそうなフィリピン人はなかなかオンライン英会話にいないのだと気づいた。僕はアートかプログラミングスキルをもっている子に魅力を感じるんだけど、大学でビジネスやってましたや看護やってました、レストランのマネーメントやら会計の勉強してましたという人が多い。全然魅力的でない。少なくとも僕は絵を描いたりちまちまプログラミングも勉強したりしているので共通の会話が少ないのだ。

ちなみにフィリピンで裕福な家庭に生まれた子はフィリピンの中でのそこそこ高い学費の学校にいったり、例えばフィリピンのアート系の大学(名前は忘れた)やら海外の大学にいく。または家族で海外で生活していたりする。オンライン英会話の人たちはそこまで裕福ではないので海外にも行ったことが無い人が大半だし、フィリピンの普通の子といった感じだ。

話は変わるけど、日本で年とってて、女の子と遊びたいのに全く女の子と接点がない!って人はフィリピンに行くのはありだと思う。フィリピンパブで働いたことのあるフィリピン人に話を聞くと、日本のフィリピンパブに来る客層はやっぱり若い人が少ないようだ。フィリピンパブはほかよりも安いし、お客を得ようとお客をモテる気分にさせるらしい。僕はいったこともないし、行きたいとも思ったことがないが面白い話だ。でも忘れてはいけないのが、日本人とフィリピン人の愛情表現に違いが大きくあり、フィリピン人からすると日本人はものたりないと思っていることが多いということ。だからフィリピン人は日本人にとってお金だけしか興味がないように思われたりする。想像してみれば分かるけど、例えば、日本でも誕生日を毎回祝う家庭と祝わない家庭があると思う、祝われて育ってきた子は祝わないことはものたりなだろう。もしフィリピンで生活をずっとするなら、愛情表現も変えたほうがもっと楽しく生活できるようになるだろう。フィリピンでなんで仕事が少なく、仕事をしていない男性が多いのに、彼らは彼女をつくれているのだろう、それはやっぱりフィリピンにマッチしている愛情表現をしているからだと思う。
そして真実の愛とはなんなのか?ということに敏感にならないと騙されるだけだろう。

フィリピン人は熱心なカトリックの人が多く、真実の愛ということを求める傾向はあると思う。
これは相手の言葉が金だけの目当ての愛の無い言葉なのか、それとも人としてもとめられていることなのかというのが判断材料になると思う。
日本において愛というのは何をもって愛とするのか判断が難しいかもしれない。
でもフィリピン人の多くはやきもちやきだと思うので、やきもちがるかどうかは愛を計る方法だと感じた。

またフィリピンでは家族、親戚のつながりが日本より強いと思われる。働いている人は働いていない家族や親戚を助ける文化?習慣?が強いと思うので、日本人が彼氏、彼女としていくとお金をたかられるかもしれない。なぜならフィリピンは出稼ぎで成り立っているような国だろうから、働いている人からお金を工面してもらうのは当然。これの家族や親戚を大切にしているというのは昔あったイラクでのフィリピン人人質を助けるため、フィリピン軍が撤退したということからも見て分かる。オンライン英会話しているとけっこう早い段階で親の写真を見せてきたり、兄弟の写真とものすごく親族を大切にしているのも家族愛って日本よりすごいんだなぁっとしみじみ思う。

最後に、これは僕の大きな想像だけフィリピンでは知り合いが多いほど、自分の身が守られるんじゃないかと思う。これはお金で親族を助けている人が多ければ多いほど犯罪に巻き込まれても助かる確率が上がるのではないかというものだ。お金と安全はどの国でも密接に繋がっている。例えば親戚の知り合いに犯罪者がいて、なんどもその知り合いを助けたことがあるとか。そうすると犯罪者も人間なんだから、人情的に助けたくなるのではないだろうか?とフィリピンにはいったことないが想像でいろいろ考えてしまう。

たしかこれに似た考えにイラクで日本人の団体が人質になったとき、人質となった日本人達がどれだけイラク人を支援して助けていたかを話し、解放してもらったという話があったかと思う。

オンライン英会話からいろいろ想像をめぐらませてしまった。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。