学費を抑えるためのコミカレなどからの転校の落とし穴

留学生は学費を抑えるためにコミカレや日本の大学を卒業してできるだけアメリカの大学のクラスを取らないようにしている人は多いと思う。

これには落とし穴が僕はあると思う。
僕もいくつかの単位をトランスファーしたけど、しないほうがよかったんじゃないかと思ったことがあった。トランスファーしなければ単位はもらえないけど取る必要ないクラスはその知識が証明できればさらに上のクラスを取ることができる。
反対にトランスファーすると単位を移行するわけだから早く卒業はできる。
でも自分の専攻した学科の知識が身につくまでに卒業してしまうことが多いと思う。
例えば建築系であれば3Dソフトを学ぶかもしれないが、トランスファーして卒業が早まってしまったのでソフトを十分に学ぶことができないまま卒業となるケース。

もしくはビジネス関連でマーケットを分析するような職で働きたい人ならエクセルもかなり出来る必要があるかもしれないが、それも十分じゃないまま卒業とか。
トランスファーしなければ、たぶんアメリカで数学のクラスを取ったり、別の語学のクラスをとったり、専攻とは関係ないものも取らないといけない。でもその関係ないようなクラスを後回しにして、初期のクラスから順にだけど先に専攻のクラスを取っていけるので、先にスキルを磨くことができるのだ。

留学生は特に早くアメリカにおいて早く卒業する意味はあまりないと思う。ただ日本に戻って新卒採用で雇われたいという人は早くアメリカの大学を卒業したいのかもしれない。
アメリカで働きたい場合は、アメリカ人より仕事で必要な能力が高くないといけない。もしくはアメリカ人を採用するより何か高い能力がないといけない。簡単な例だと日本ができて英語も出来るとか。でも明確にこれこれの職で働きたいという人は卒業までに能力を上げないと、卒業後OPT期間中に就職できず、帰国もしくは不法滞在という結果になるかもしれない。

お金のある人ならそこからまた別の学校にもいけるだろうが、無い人はコミカレなど行って転校するより高くはつくが、就職のことを考えると目標の学科にしぼって最初から一つの学校に行ったほうがいいと思う。ただ目的のクラスを取りおえて学ぶものがないと思えば、似たような学科のある別の大学に行くというのもありだけど。

それに早く卒業しようと思えば、クラスをたくさん取ることでも早く卒業できる。
それも考えてしたほうがいいと思う。
例えば春に卒業したいのか、夏なのか、秋が終わってからなのか、その卒業時期を調整したという人はクラスを多くとってもいいと思う。これは職種によるだろうけど就職しやすい時期というのがあると思う。この時期に就職活動したいという場合。H1ビザ取得のために春にH1ビザの申請をすることになると思うが、これに申請をして申請の結果が出るまでOPTがきれてもOPT期間が延長され働けるというものがある。なので春卒業したいという人がいるのだ。
ただ、何かしら仕事のコネがあり仕事がすぐ見つかる人は春卒業に拘る必要はないと思う。
それと仕事が見つからなければまた別の学校に行くという人も春に拘る必要はないと思う。
これらのケースだと早く卒業しようという調整は意味があるし、逆に遅く卒業しようという調整も意味がある。
でもアメリカで働きたいけど、学費のためにとにかく早く卒業したいという人は就職できる可能性が低くなると思う。本人次第だけど、仕事に必要と思われる能力を上げるために相当勉強しないといけないと思う。また、レジュメにボランティアなどの活動を書きたい場合は短い卒業までの間に勉強、ボランティアとものすごく大変なことになるのが予想される。GPAもかなり低くなるかもしれない。
それだと勉強ばっかりになってしまいかねない。留学は勉強だけではない、日本では見ることのできない場所に行ったり他国の生徒と交流して学ぶことも重要なのだ。他国の人の特徴を理解し、アメリカの文化も理解するには時間がかかるのだ。それらを犠牲にしてまで早期の卒業する価値は一部の人を除いて意味がないだろう。

早く卒業で意味ある人は、

・大学卒というものだけが欲しい人

・日本の新卒採用に間に合わせたい人

・アメリカで卒業時期を調整したい人

・そのほか何かしら考えがある人

それにコミカレに安いから行くっていう日本人多いかもしれないけどコミカレはアメリカの貧困層向けの学校と思っても間違いじゃないと思う。そのため勉強内容が簡単すぎたり内容が悪かったりすると思うし、周りにいるクラスメイトと貧困家庭が多いと思うので話が合わないことってあると思う。コミカレに留学する日本人はコミカレしか通えないアメリカ人より貧困ではないし勉強しているし、マナーも他すべて上だと思う。コミカレに貧困層が多いので卒業できずにやめる人も多いと思う。貧困層だからやめるっていうのはおかしいって思うかもしれないが、それがわからないのが日本人だったりする。貧困はお金や家庭問題、本人の心の問題などもあり通えなくなる。貧困家庭で育つ人は中流以上の家庭よりやる気というものが大きく違う。できるだけ貧困な家庭の人でも卒業させてやろうとレベルを抑えていると思うコミカレで、コミカレでものすごい良い成績が取れて喜んでいる日本人はレベルが低いんじゃないかと思うのとコミカレさえ卒業できない日本人はさらにレベル低いんじゃないかと思う。ちなみに貧困層が有名大学に編入することも考えてコミカレに通うっていうのはある話で、貧困であればあるほど有名大学の奨学金ももらえるだろうし、安く卒業できるんだと思う。調べたことないけどコミカレのある場所と貧困層の多い地域とはかぶるコミカレって意外とあるんじゃないかなって思う。調べなくてもだいたいわかるのがコミカレが田舎にあるケースは貧困地域の可能性はあると思う。白人ならヒルビリーっていう貧困がいそうな地域。そうなると住むエリアに不安が出てくる。極端に言えば日本で言えばヤンキー元ヤン、どこかは知らないけど勉強できななくて誰でも入れるような日本の大学しか選べれなかったの低レベルな人が集まる学校みたいなもので、クラスメイトは力仕事、工場勤務しながらじゃないと通えない人だったりヤンキーじゃなくても家庭環境が友達が薬物中毒とかだったりなにか訳ありな人が多いんじゃないかなって思う。そういう人は働いていて仲良くなる時間がないだろうから話すきっかけがない日本人が多いかもしれないけど。もしかしたら日本人を狙った悪い現地の学生にひっかかるかもしれないし。なので僕はコミカレって総合的に考えてあまり日本人が行くような場所じゃないんじゃないかなーって僕は考えている。いろんなトラブルにも合いやすいかもしれないし、生徒のレベルが低ければ真面目に日本人留学生のやる気をなくさせて結果お金も時間も損することにつながるかもしれない。できることなら友達を作るなら別の良い家庭の子に会える場所に行くべきだと思うし、真面目に留学を考えている人がコミカレ来たらアメリカ嫌いになるかも 笑

でももしアメリカの貧困やアメリカの別の顔をみたいならコミカレっていう選択はありだと思う。できるだけ安全にと考えると宗教系のコミカレのほうが道徳観念がマシな人が多いと思うのでカトリック系とかに行って貧困問題とか勉強すると面白いかもね。

親は海外の留学事情を知らないので安易にコミカレに留学させるってことがあるかもしれないけど、もしそのコミカレが先生の教育も学生の学力も地域も悪いところなら親は行かさないと思う。

でも本当に日本人留学生はコミカレ行ってから編入が一番いいルートって自信たっぷりに言ってくる人や思っている人が多くて僕はいつも頭大丈夫かって思っている 笑

要はお金を払えるなら高い払って大学に行くか、ものすごく貧困で大学に奨学金もらって良い大学に行くという選択じゃないとアメリカでは日本と比べてまともな大学に行けないと思う。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。