サンフランシスコにいる韓国人のクラスメイトの家の家賃が高かった

サンフランシスコは毎年家賃が上昇していて人口の割りに部屋数が少なくてますます部屋を安く借りられなくなっている。高い給料をもらっている人が主にサンフランシスコで住むようになったこのような現象をジェントリフィケーションというのだけど、お金を節約したい人は学生でも働いている人でも部屋をシェアしたりして家賃を安く抑えている。

そんな中、サンフランシスコののど真ん中に一人で住んでいるというクラスメイトがいた。
家賃はいくらなの?って聞くと日本円にすると約20万ぐらいになる。
僕はその韓国人のクラスメイトと仲良かったので部屋を見させてもらった。そいつの名前をAくんとしよう。
そのAくんは日本のアニメオタクで部屋にいくとアニメグッズがあるよって教えてくれてそれを僕に見せたいようだった。

そしてUberで家まで行って思ったのが、良くある賃貸というよりホテルを借りて住んでいるようだった。そして部屋はさぞかし広いんだろうーと思ったら意外にも狭かった。スタジオタイプでキッチンとベッドルームの間に仕切りもない。キッチンも小さいしオーブンもないし、クローゼットは大きいけどサンフランシスコのど真ん中だから夜はうるさいし古い建物だからガラスも薄くて外の音が一日中聞こえる。
メリットは20万の中に電気、光熱費が含まれていること。でもほとんど学校にいて家にいないのにこの金額はもったいないなーと思った。

インターネットは高速なものをひいているらしいのでその金額は別だし、食事はほぼ毎日外食だから一食平均$15とすると月額$1350。家賃なみに食費かかってるやん。たばこもよく吸ってるやつだし、夜は歩くの怖いからという理由で夜の帰宅は毎日Uberだという。合計すると月の出費は40万円近いかもしれない。驚いた。イベントごとがあるとクラスを休んで飛行機でどこかに行くやつだから雑費を合わせると50万近い金額が月にかかることがあるということか。そんな日本人留学生は聞いたことない。というよりたぶん日本人留学生はかなりお金のある家庭だとしても親に迷惑をかけたくないと思ってできるだけ安く生活しようとしていると思う。これは他の国の留学生とは金銭感覚が違うように思う。

そしてAくんが教えてくれたけど、韓国人の友達は一人もいないらしい。韓国人は仲良くなると100%金銭トラブルになるからだという。

そういえば他の韓国人の友達も同じ事をいっていたのを思い出した。英語が得意でない韓国人留学生は韓国人同士でつるむ傾向があるのはよくある話だが、そんな人たちと仲良くなるとお金のトラブルは避けられないということだろうか。
そして思い出したのが日本でバイトしていたときに同じバイトの従業員に韓国人二世の人がいた。そいつはお金に困るとすぐ仲のいい人にお金を借りているやるだった。韓国人ってやっぱりお金のトラブルが多いのかも。

Aくんはお金のある家庭だろうけど、お金のある人って性格悪いとか言う人いるけどまったく性格は悪くない。僕が宿題に困ったら助けてくれるから優しい。

ちなみにAくんの部屋に行くと艦隊コレクション、東方プロジェクトそのほかいろいろなフィジュアが飾ってあった面白かった。
Aくんは日本人の彼女がほしいと常に言っていて笑える。韓国人は怖いから嫌だという。

それにしても留学生の生活は天と地の差があって面白い。Aくんのように一人で20万の部屋を借りて住んでいる人もいれば5、6人で大きな部屋を借りて住んでいる学生もいるし、本当に仲のいい友達同士で二人でせまい部屋を借りている人もいる。家賃が払えなくなって家を追い出されて狭い部屋で複数で住んでいる部屋にしばらく住ませてもらっている人と。この人はサンフランシスコで生活することがものすごく高いコストだというのを知らなかったらしくて生活に行き詰ったらしい。もっと安い田舎に引っ越して学校も変えると言っていた。そして本当かと疑ってしまうが10人ぐらいでサンフランシスコからBartで40分ぐらいかかる場所に住んでて家賃が一人1万という人もいた。本当に学生の金銭格差がもろに出ている。これは日本でも同じことだと思う、大学に行くために田舎から東京に引っ越してきた学生で東京から離れて5万前後の家賃の安い場所に住む人も言えば15万ぐらいの家賃で学校の近くに住む人もいると思う。シェアルームをしている人が少ないと思われる日本ではサンフランシスコの学生の生活格差ほどではないと思うけど、格差はもろにある。

留学生が高級車を乗り回すのを見ていてお金を無理して車を買って彼女をに自分を良く見せるためにしてるんだろうなーって思ってたけど無理してないかも。ただの金持ちだったのかもしれない 笑

そう考えると、アジア諸国は日本人よりお金をもらってないケースは多いけど格差が日本よりひどいだけどお金をもっている人は中国も、韓国も他の国でもいるんだなと思った。

それと想像だけどお金持ち留学生の親の年収というのはどれだけか。仮定として億を超える年収の超富裕層ではないとしよう。その中で高級車を乗り回し、海外旅行にも頻繁に行って、高い家賃も学費も払っている学生の家庭の年収はどのくらいなのかということ考えると、たぶん日本で高収入と言われる年収1000万以上だとまず思う。そしてサンフランシスコにまともに生活できる収入を考えると年収1500万だとサンフランシスコでは一人でまともに生活するのがきついと思うから、母国の生活、サンフランシスコにいる息子、娘の費用を考える。サンフランシスコに住ませるぐらいだから母国では貧乏生活をしているとは思えない、高い家賃、車をもっているだろう。中国でも韓国でも高級住宅街はサンフランシスコより高いところもあると聞く。ちなみに香港からの学生はサンフランシスコは香港より安くてよいと言っていた。仮に香港の学生と同じ感覚を持っているとすると20万円を高くないと思う家庭の人の母国の家賃を想像すると20万より高く払っていると思し、同じ広さであれば20万より高いと思われるエリアにいると思ので、ファミリータイプを借りると数倍の家賃になるんじゃないかな。ただ広すぎると借り手がいなくなると思うから広くなるとそのぶん安くなると仮定して、うーん5、60万ぐらいか?きりよく50万として、
母国でも年間家賃で600万、他の生活費をいれてたぶん800万ぐらいになるのかな。
海外留学している子供に年間1000万近いコストをかけているのでそれで最低でも1800万円はかかっている。それでも余裕があると思うし貯金できるだろうから最低でも世帯年収3000万あたりなんじゃないかな。年収2000万だと税金引かれると、1600万円も年間出費しているとあまり貯金できないと思う。
日本人のお金持ち世帯でここまで高い世帯年収の家庭は少ないんじゃないかな。

きちんと調べて想像しようとしたら各国の家賃の中央値や高い家賃を調べたり税率も調べる必要があるがここではそんなことせず想像だけにした。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。