アメリカのナメクジがでかい ホラーか!笑

アメリカの家は古い家が多くてどこか穴が空いているだと思うんだけどナメクジが発生するときがある。僕が住んでいるところだけじゃなくて友達の家も発生している。水回りのどこかに隙間があるみたいでキッチンやバスルームで発生することがある。

初めてみたとき驚いたのがデカいこと!日本のナメクジより3倍ぐらい太ったやつだった。電気をつけて黒い怪物がいたときの恐ろしさはホラーだ 笑
ナメクジがどこからともなく襲来してくる。B級映画並みの出来事だ 笑
別に人間に被害を与えないけどノロノロと歩き夜だけ現れるというシチュエーションは怖すぎる。それが三匹出ていて対処しなくてはいけないからティッシュペーパーで包んでトイレに流した。それがいいのかわからないけど一応処理できているっぽい。もう僕はザ・ナメクジを退治するナメクジ・バスターズだ(一人だからズじゃないけど)。
どこからやってきているのかがハッキリしないのがエイリアンみたいでエイリアンの来襲っぽい。

人食いナメクジ映画「スラッグ」っていうのがあるっぽくてナメクジに悩まされた監督が作ったのかなーって思ったりする。

カリフォルニアって雨があまり降らないからナメクジが発生しづらいと思うんだけど、そういうわけではないっぽい。どこかにジメッとしたところに卵を産んでいるのかもしれないし、僕の住んでいる家のお隣さんの周辺がジメッとしていてそこから来ているんじゃないかなって思ったり最悪だ。しかもお隣さんの家って落ち葉とかたくさん落ちていてナメクジって落ち葉も食べるっぽいから。それとナメクジって冬に冬眠するらしいんだけどカリフォルニアって日本の冬みたいにものすごく寒くないし朝は少し寒くなるけど昼は全く寒くないから冬眠しないんじゃないかなって思っている。年中ナメクジの襲来の恐れがあるのがカリフォルニアなんじゃないかなって思っている。

ナメクジって夜活動しているみたいで寝ぼけて夜中に起きてトイレに行くとナメクジがいたことがあって間違って踏んでしまったことがあった。眠たいのに綺麗にしなくちゃいけないから大変だった。

特に夏は発生しないけど雨が降りやすい時期や曇りが続いて雨が降るかもって思っていると発生していることが多い気がする。
ナメクジって移動速度が遅いって思っていたけど意外と速くて目を離すといつの間にかいなくなっていたりする。

ナメクジって野菜とか肉とか食べるみたいでキッチンに現れるナメクジはかすかに落ちていると思う野菜のクズなどを食べているのかもしれない。匂いをかぎ分けるらしくお酢が嫌いっぽいのでお酢料理を考えている。
お酢料理によってナメクジが逃げていくんじゃないかとちょっと試している 笑
コーヒーのカフェインも嫌いっぽいから最近はコーヒーを飲むようにしている 笑
それと光を嫌うっぽくて電気をつけると逃げていく。電気をつけ続けていればたぶんナメクジが家に入ってこないんじゃないかなって思っている。ナメクジ軍団もこれで近寄って来れなくなるかも。

あと思ったのがアメリカのナメクジはアメリカナイズされているんじゃないかと思う。なぜならたぶんだけど家に入ってくる虫とかナメクジを細かく退治している人が日本より少ないんじゃないかと思うからだ。アメリカでは日本より異常なぐらいの健康志向やビーガンや自給自足に拘る人とか様々な人がいてナメクジだろうがクモだろうが気にしない人も本当にいる。そういう人が多いとナメクジだけじゃなくて他の虫なども警戒度合いが日本と違うんじゃないかなって思う。ナメクジって記憶する力があるらしくて危険があると思えば近寄らないようにすると思うんだけど、無視する人が多いとナメクジだって堂々と家に侵入してくるんだと思う。ナメクジの体が大きいと感じたのもアメリカナイズされているんだろうし、体が大きくて堂々しているようにも見えるのは誰にも攻撃されないから大きくなれるわけでそれだけ警戒しなくても堂々と人間の前にでてきて生きていけるんじゃないかなって思ったり。ナメクジだけじゃなくて色んな生き物が警戒感が薄すぎて堂々しすぎていないかって思ったりもする。だけどやっぱりハチは嫌いな人が多くて僕も好きじゃないけど攻撃的じゃないハチがいたとき、僕はそのうちいなくなるだろうって無視っていたのだけどクラスメイトがハチだからという理由で殺してしまった。攻撃を加えないものにはほったらかしするレベルになるけど攻撃する可能性がある生き物には容赦ない気がする。また不思議なのがアメリカ人のほうがナメクジをかわいいって思う傾向が日本人より多い気がする。ナメクジだけじゃなくてカタツムリとかカエルとかカワイイって思う人が僕の周りに実際にいる。どうカワイイのか言われてみてナメクジとかを観察するとたしかにカワイイ要素はあるけどそれでも僕は苦手かな。そういうのもあってわざわざナメクジを対処しようって人は日本より少ないのかもしれない。僕にはナメクジはホラーだったけど 笑
これがアメリカと日本のホラーセンスとカワイさの違いってこんなところにも表れているのかもしれない。

ちなみにイギリスだけどカタツムリビューティーっていうのがあってカタツムリを顔の上で歩かせて顔を綺麗にするっていうもの。カタツムリに抵抗ない人が海外は多いんじゃないかなって思う。カタツムリ(エスカルゴ)を食べ始めたのはフランスだろうし。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。