ステレオタイプ

アメリカで言われるステレオタイプの一つにアメリカワイフと日本女性ワイフでは、日本女性のほうがいい、というのがある。

これは先生が言っていたことなので、間違いないと思うが、ただしあくまでもステレオタイプの話。

ぼくの意見も含めると、アメリカ女性は主張が強く、レディファーストを当たり前と思っている人も多く、とても扱いにくいのではないかと思う。

それに比べて、日本女性は「自分は!」「自分が!」と自己主張するひとが少なく、相手のことを考えてくれるから優しくて、素敵ということだと思う。

まぁ明らかに、アジア人のなかで中国女性と日本女性を比べると態度や発言が違うので、日本女性のほうが魅力を感じるのかもしれない。
台湾人や香港人女性はまだに日本人女性に性格が近いともいうが、やっぱり違う。自己主張だけでなく、妥協する度合い、ルーズ差とでもいうのだろうか。

妥協する度合いが大きいと、良く言えば心が広いとも言えるが、悪く言えば無頓着、無神経、怠慢とも言える。

外国人のほうが魅力的に見えるのかもしれないというのもあるかもしれない。
韓国人女性のクラスメイトに韓国人男性についてどう思うか聞いたら、あまり魅力を感じないというクラスメイトが多かったし、中国人女性クラスメイトも外国人のほうが魅力的ともいう。

でもなぜか中国人と韓国人は同じ中国人と韓国人と付き合っている人が多いように見える。たぶん言葉の問題なのだろうけど。

インド人もインド人と付き合っているのを良く見るし。

仮に日本女性が人気があったとしても、言葉で意思の疎通ができないと付き合うことは難しいだろう。逆も同じ。

中国人女性と付き合っている日本人は中国が日常会話に困らないくらいしゃべれるし、アメリカ人男性と付き合っている日本人女性も、英語で意思の疎通が問題なくできている。中国語がしゃべれない日本人が中国人と付き合っていたりもするが、どちらも英語で問題なく意思の疎通ができている。だからたぶん、もてる要素があっても意思の疎通が容易に出来ないともてないのだろう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。