見た目は重要

アメリカだと見た目を気にしない人も多い。特に学生だと男女ともにオシャレなんか興味ない人もけっこういるが、それでも見た目って重要だなと思ったことがあった。

アートを学んでいると美術史も学ぶことになる。古代の人々の作品は見た目を気にしているものがとても多い。古代ギリシャであれば完璧な体を持つ彫刻を作りそれは神に密接に関連している。簡単な数学を使いどう作れば見た目のいい彫刻ができるか考えていた。ローマにしても見た目のいい彫刻はシンボルにもなっているし、ビザンティンはフラットなアートだけど、宗教に関連しているし、その見た目はいろんなメッセージを送っている。ルネッサンスもリアルなペイントや彫刻はあるし、もっと人間性の強いものにもなっている。

見た目がどうあるべきかというのは昔から考えてこられてきていたわけ。
僕もたいして見た目なんて気にしないっていう考えだけど、最近は見た目も重要だなーと思ってきた。
実際に見た目をそんなに気にしないアメリカ人でも実は見た目はかなり重要だと思う。例えばオシャレすぎる人は観光客かなーって思われてカモになりやすいだろうし、ホームレスに声かけられやすいと思う。アメリカ女性が好む見た目というのもあるだろうから、見た目って重要だなーと思った。
もちろん見た目だけでなく中身はとても重要。アートを見ても同じことがいえる見た目がいいけど中身がなければ薄っぺらいし、安っぽいものに見えると思う。

見た目がいい人は得をするとか聞くけど、それは仕方がない。昔から見た目のいいことは価値あることだったんだから見た目がいいことは得をするのは当然。宗教など見た目からどんな役職や立場などのメッセージもあるし、宗教じゃなくても見た目がアートとか見ていてすごいなー、いいなぁーって単純に思うし、それって悪いストレスじゃないしいい気分だから癖になるんだろうなー。いいなぁと思うアートを見てるときは少なからずハッピーわけだから、人の見た目も見たときにいいなーって思うことも、ある種の快感なのかもしれない。脳科学的にどうなのだろう。
人の見た目もただ見た目を良くするとか、流行をただ追いかけるとかはあまりカッコよくないと思うけど見た目がいいことは価値があることだ。

でも日本は流行を気にしすぎていると思うし、ブランドに固執した人も多いと思うけど。
テレビや雑誌から出てきたような流行の格好はあんまり僕は好みじゃない。

オシャレは自己満足もあると思うけど、自己満足だけじゃなくてなぜオシャレをするのかということを考えることは重要だと思う。そもそも過去のアートを見ても見た目は見る人にどう思われたいかということがとても大切なことだし、威厳や力さえ表している。見た目が悪い建築を作った建築家は殺されることもあるほど見た目は重要なわけだった。

現代社会は見た目はそこまで意味はないけど、人にはどうしても偏見やストレオタイプな考えをもっている。例えば女ならこう、男ならこう、警官ならこんな格好などなど。なかなかその呪縛からは逃れられないので、必然的に見た目は気にしないといけないことがでてくる。
それにアメリカだと、見た目を気にしない人が多いといいながらも日本以上に実は見た目の意味が強いんじゃないかとさえ思う。なぜならステレオタイプな考え方がアメリカで受け入れやすいと思うし、分かりやすい考え方が受け入れやすい。例えば、日本人ならこんな格好、忍者ならこんな格好とか。特にドナルドトランプが大統領になったことも分かりやすさが国民に受け入れられたというのも要因の一つだと思うし、どんな人か分かりやすい見た目というのはアメリカでは意味あることなんだと思う。

じゃどんな見た目が僕はいいと思うのか?
別にカッコいいオシャレをしなくてはいいけど、やっぱりシンプルな格好かなー。アメリカもシャレをしている男性もいるけど、シンプルな格好にこだわりのガジェットがあればなんかカッコいい。シンパシーを感じる。そこは僕がデジタルアートを学んでいるから、ガジェットに目が奪われるというのもある。
異性にいいなーって思ってもらうような格好を目指すっていうのはアメリカでは難しいなぜなら見た目に多様性があって、どの流行を追えばモテるのかというのもあんまりないと思う。女性なら流行というより、モテるために胸の開いた服きるとか。わかりやすい。

でもどうしてもアメリカの男性のカッコいい見た目というのはカッコいいと思えないことが多い。髭生えてて、短髪のシンプルな服装。また髭生えて無くても、短髪のいわゆる甘いマスクで明らかに日本人より体がでかい。まー、僕がいいなーと思うこととは違うから、僕の好みの格好はアメリカでは少数派だろうけど、少数派にいいなーと思ってもらえればそれで満足。

ちょっと話したけど好みの見た目ってある種の快感なんだと思うから、見た目って気分を良くすることができるツールなんだと思う。自分の好みの格好と同じような格好をしている人にもいい印象を与えて、僕も相手からいい印象を与えてもらえるとてもいい関係を作れるツールだと思う。その世界観が共通していることが大切なんだと思う。見た目が悪いなら相手に悪い印象を与えられるツールになるからものすごい力がある。

どんな世界観の中で生きたいかと考えさせられる見た目って重要だなって思った話。

見た目に関連して美術に関する他の記事
外国人の日本の美少女アニメファンについて思うこと

美術なんて学ぶ意味ないという人がいたので、反論を考えた

美術を学ぶこと

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。