ブスは性格が悪いと言われる理由を考えた

ブスが性格が悪いと言われることがあるのを聞いて、ふと、ブスの中にも性格が良い人と悪い人がいるのに多くのケースで性格が悪いと言われるのはなぜだろう?と思ったのでいろいろ考えた。これは不細工をバカにしている記事ではない。不細工に隠れている何か問題があるのではないかという考察なのだ。

1:ブスには性格が悪くない要素がある

・美人やイケメンには思い切ったことが言えないと思う人が多く不細工には露骨なことが言えるという人が多いと思うこと

これにより不細工は人の嫌なこと闇の部分を聞くことになり心がすさんでいくのではないかと思うのだ。これはアメリカの貧困世帯ヒルビリーに同じことが言えて周りに悪いことが多ければどんどん本人も堕落していき、それが僻み、妬み、人への攻撃という話にもつながっていく。例を言えば周りに発言が暴力的な人が多かったり家庭でケンカが多い、友達は薬物中毒でみんなやる気がない。ブスの周りには似た環境要因があると思える。ブスには強気に話せる人がいるとそれが暴力的に聞えたり、ブスには上から目線で話す人が多いとブスもどんどん心が病んでくるだろう。ブスの性格の悪さと環境の悪いさは貧困にもつながる問題が隠れていると思う。

想像すると分かってくるが、ブスに対しては「おまえ」「バカ」「ダサい」「死ね」「クソやろう」とか言われ続けれて全く褒められないとしたら人は性格が悪くなってくるのはわかる話である。

・不細工が性格が曲げそうなことが現代社会では多いこと

インターネットの発達により多くの人がSNSを使うけど、SNSには自慢や幸せだったことをシェアすることが多くそれを見た人の中には妬む場合もあると思う。人にこれでもかと幸せを見せ付けることは時には人を傷つける。なので節操をもって行動する必要はあるのだけど現代ではそのような節操なんてほとんどないと思う。不細工はますます自分の境遇の物理的な境遇の悪さに悲観し気持ちがねじれていくことになるだろう。現代は不細工には過酷な社会だと言えるかもしれない。この節操に欠けた考えはアメリカ的な考えだとも思うし、アメリカに憧れてきた日本だからこそアメリカっぽくなってきているとも考えていいと思う。なぜならアメリカでは自由が当たり前で節操なんてあんまり無いと思う。このせいで貧困が拡大しているアメリカでは貧困層が妬み、攻撃するというのは実際にある話だ。他にも日本ではアニメがとても人気だけどアニメは細くてかわいい子が多いため、アニメを見た子供達がかわいいアニメキャラクターは社会で求められるかわいい理想な人だと思うと、痩せないと、でも努力できなくて痩せられない、目も大きくしたい、でも物理的に無理でお金もなくて大きくできないとなってどんどん自分を嫌いになっていき性格が曲がっていくと思う。さらにネット上では不細工を煽る人なんているわけだし、就職だって不細工より美人を選ぶ会社もある事実がさらに不細工の心を捻じ曲げていくだろう。

面白いことにアメリカでは不細工の基準が違う。ものすごく体大きな女性でも不細工と思ってなかったり顔があまり美人じゃない人でも性格が悪くないと思う人がいる。彼ら彼女らの不細工の基準は低いと思う。仮説として日本での美人という基準がとても高いので普通の不細工が高い基準の美人に合わそうとすると、無理ゲーのようなことが発生してどんどん沼にはまっていくんじゃないかと思う。無理ゲーというのは美人の基準が緩くない、それは多様性をあまり受け入れていないという今の日本の現状が当てはまってくる。目は大きくないと、涙袋ないと可愛くない、みんなが持っているから高いけど買わないと、とか人はそれぞれ考えも見た目も違うし経済状況も違うんだから人に合った魅力を認めるべきだし人に合った生き方をするべきなのにそれができない状況が不細工には無理ゲーな世界があるんじゃないかと思った。

・相対的貧困が拡大していることも不細工の心がすさんでしまう要因だと思うこと

日本では相対的貧困が拡大していてアメリカでは極度の貧困が拡大していると思うんだけど、貧困が広がると不細工でも不細工じゃなくても性格が悪くなりやすいと思う。日本では自分の悪い境遇が社会に問題があるや会社が悪い、政治が悪いという人はあまりいないので貧困はなかなか改善しないだろうし、我慢する人も多いから貧困で不細工だとストレスが多いんじゃないかと思う。ストレスが溜まっている人は攻撃的にもなりやすいし考えも悪い方向に行きやすいと思う。

アメリカの場合は貧困が拡大しているけど日本と違ってストライキ、文句をいう人がものすごく多く、転職しやすいというのもあって我慢して異常な安い仕事をしつづけるなんていうのも日本ほどないんじゃないかと思う。そしてアメリカの不細工が日本の不細工よりマシな性格をしていると思うことがあって、彼らは自由すぎるので言いたいことは言うし発狂するし、ストレスが日本人の不細工より少ないんじゃないかと思う。このことから日本人の不細工はアメリカ人の不細工より悪くなりやすいんじゃないかと思う。

2:不細工で性格の良い人は良い環境要因がたくさんあると思うこと。

・良い環境要因には周りの友達、家庭環境、周りの環境がかなり影響している

アメリカで見つけた僕が不細工だなーって思う人が性格が全然不細工じゃない人がいる。まずイライラしていなしい、笑顔があるし、人にマウントを取ろうとしてこない。そんな人は顔が不細工だと思っても全く不細工に見えなくなってくるのだ。性格の良さが顔と笑顔に出てくるししゃべり方にも出てくる。

このことから不細工が不細工として生きないためにはどうすればいいのか?

顔がブスで性格が悪いと言われる人は考え方を変えたほうがいい。

考え方を変えることって本当に難しいと思うからなかなか出来ることではないと思う。でもブスが性格が悪いというのは性格が悪いと思われる考え方から来ていると思う。整形しても不細工は結局、性格が不細工のままだ。顔の不細工な人が性格が良ければ不細工にも見えてこなくなることがあるということから不細工への処方箋は性格を良くすることだと思う。どうすれば性格を良くできるのか?

・経済状況はなかなか変わらないので自分は自分ときっぱりわきまえた生き方をする

これはアメリカ、貧困ヒルビリーにも当てはまるのだけど、リッチな人の真似をしていい物を買ってはぶりよくお金を使っても借金することもあって本人の経済状況が合わないお金の使い方をすると苦しさがどんどん増す。そうなると性格は悪くなってくるだろう。人に合わすのではなく自分には合った生き方をしていかないといつになっても幸せにはならないんじゃないかと思う。

・やりたいことをしっかり持つ。

そして人と比較ばっかりする人に多いと思うのが本人にはあまりやりたいことがないことが多いんじゃないかと思うこと。趣味や何かやりたいことがあると人がどんなにお金をかけてどんなことしたかなんてどーでも良くなってくると思う。お金でしか物事を考えられないのはまるでカッコいいのはブランドバッグ、ブランド物ばかりという中身のない人のようにも見えてくる。100円ショップで買ったフルーツ柄のイヤリングでも面白いと思える精神が大切なんじゃないかなと思う。やりたいことが無い見つからないって人は人生の目的や本人に深い考えがないんだと思う。精神的に子供だと思えてくる。じゃあ日本は精神的に子供が多いのかというと多いのかもしれないし、精神的に子供にさせる要因が現代はたくさんあると思うから日本人が子供とは言えないし、ビジネス的に買わせるために精神的に子供であってもらったほうがいいという企業側からの戦略もあるんじゃないかとも思う。

・SNSにはまらないし、ある程度制限、管理して使う

SNSは世界でも問題になるぐらい精神的に悪影響を与えているといわれている。おそらくSNSを使い人にはSNSを使うふさわしい年齢があるんだと思う。映画の年齢制限のようなもの。インターネットはまだ発展途上国のようなところがってどんな人でもインターネットを使っていいと思われているけど、年齢によって管理されるべきる人というのはいる。特に子供やには精神的に悪影響を与えてることがネットにはたくさんあるわけだし、SNSにもたくさんあると思う。大人も子供もまだメディアリテラシーというのが足りないことも性格が悪くなり環境要因になっているんじゃないかと思う。僕もメディアリテラシーは常に気にしているけど完璧になんてならないし常に勉強していくしかないと思っている。

そして自慢する人が日本に多いと思うのは日本が平和だからだと思う。アメリカで自慢なんてしていたら狙われるし極端な話が誘拐だってありえるかもしれない。それでけ日本は平和ボケしていて平和ボケが貧困な人を傷つけているんだと思う。さらに貧困な人たちは頭を切り替えられないっていう悪循環がたぶんあって下手に刺激すると悪い方向に行きかねないと思う。例というと貧困が団結して起こったフランス革命、貧困層の支持が強いアメリカのドナルド・トランプ。

・自分で自分を褒める、または他人のいいところをたくさん見つけて思考を良いことに使う

頭の中で悪いことばっかり考えたりすることは妬みとひがみばっかりが頭の中をめぐる思考回路になりやすいと思う。それは本人の家庭の境遇がそんなに悪くないのに悪いと考え出したり現状をしっかり見つめられない状況に陥りやいと思う。そして日本人は厳しい人が多いと思うのでもっと自分を許すようにして気楽に生きる考えを持つようにしたほうがいいと思う。

アメリカには悪いことがたくさんあるけど良いこともある。それは褒める人が多いこと、そしてlike とloveという言葉をよく使うこと。日本では好きという言葉も気楽に使えない人がいると思うけど自分が好きなことぐらい自身を持って好きと言える考えを持つことで自身も生まれて考え方は前向きになっていくと思う。褒めることも重要で日本は本当に褒めない人が多いのでもっと気楽に褒めることをしたほうがいいと思う。褒めると人って喜ぶし幸せを感じるし、楽しくもなるし、褒めた人も喜ばれて嬉しいし、笑顔をもらえるし気分もいい。これが性格を良くしていくと思う。アメリカでも家庭環境が悪いとケンカばっかりで褒めたり褒められたりなんていうことがあまりないと思うから性格が歪んでいると思う。なので褒める、前向きな言葉を使うというのはとても重要だと思う。

・ひがんだり妬んだりする友達が多いなら友達関係を変える

人はなかなか変われないので友達の性格だってすぐには変わらない。性格を良くするためには環境を良くしていく必要がある。今までの友達が心地いいかもしれないけど現状をよく見て自分を見つめなおして本当にどうすればいいかを考えると友達を変えるべきがどうか判断できてくると思う。友達はほんとうに性格にも影響を与えると思うので良い友達と付き合わないと悪い人にもなるし性格だって不細工になる。

・もし極度の貧困であり友達関係も変えられない人だったら勉強することが重要だと思う。

貧困から脱出することが性格ブスからの脱出だとも言えるのでお金がない友達も変えられないなら本人が勉強して将来良い仕事に就けるようにするのが一番だと思う。もちろんこれらは社会的なサポートだって必要になるがそういったものは日本でもアメリカでも不十分だったりする。なので勉強を自分でするのは重要になってくる。

・ブスにもメリットがあることを知る

ブスの言葉なんて美人に比べたらまともに聞かない人は世界中にいる。でも美人が言うとバッシングされるのにブスはされないことがあるのはブスの特権。見た目で悪いと思われているなら開き直ってブスだから性格悪いんだからきついこと言っちゃうぐらいでいいと思う。みんなが言えないことも言えちゃう。そんな人は社会を動かすと思う。ブスと悲観するのは美人がなんでもお得だと思ってしまうから、実際に悔しい思いもしてきたんだと思うけどそれでもブスにはブスのメリットを活かせるとしると気が楽になるのではないかと思う。

いろいろ考えたが不細工の人たちは性格が不細工じゃない人より悪い環境の中で生きているのかもしれない。これは性格ブスとブスじゃない人とでは大きく生きている世界が違うんじゃないかということだ。性格ブスも性格美人も今まではそんなにお互いのことがわからなかったけどインターネットによってお互いのことがわかるようになってきた。さらにインターネットは性格ブスが目立つので性格ブスの発言を性格ブスの人が見て加熱していくという悪循環もあると思う。さまざまな要因から性格ブスは大きく見ている世界が違うんだと思えてくる。これは社会的なサポートや家庭での大人の考え、政治の何らかの欠陥なども影響しているだろう。現代は異世界転生のマンガ、いわゆる「なろう系」が流行るのもうなづけてくる。僕もなろう系は楽しめるけど、マンガによってはあんまり楽しくなかったりする。作者が面白いと思って描いていると思うので作者は現実逃避をしたい人や読者もしたい人が多いんじゃないかと思う。この話をしているとアニメから見える今と昔の違いというアニメ論になってきて話が長くなるのでやめておこう。なにわともあれ不細工だからと言って馬鹿にするのはかわいそうなのでやめておこう。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。