【感想・ネタバレ】漫画 全員くたばれ!大学生 気にしすぎの主人公が笑える漫画

主人公亀田はとにかく周りのことを気にしすぎていていわゆる日本人大学生あるあるなんだと思う。僕はアメリカに数年いるけど日本にいるころとアメリカを比べると亀田のように気にするには日本人でありがちなことだと思うし亀田の気持ちもわかって面白かった。

服を気にしすぎていたり、みんなのグループに入りたいのに変なプライドがあって入らず、でも入りたい気持ちを抑えるために葛藤している。素直になれなくて孤独になり他の楽しそうにしている大学生を嫌い大学生なんて大嫌いだ!って思ってしまう亀田。

僕は共感できた部分と出来なかったところがある。共感できたところは服を気にするという点だ。亀田が「みんな似たような服を着ている」というように日本では同じような服を着る人が本当に多い。

アメリカでは亀田みたいに自分の服を気にしすぎる人はほとんどいないと思うし、変な格好の人なんてたくさんいる。気にして辛い気持ちになることもないし、本当に他の人は他人の服に細かく気にしているわけではないからそんなこと考えるだけ時間の無駄というのをアメリカで生活していると思ってくる。

むしろ日本人はオシャレすぎるところがあるからアメリカではゲイに間違えられると思う。
日本では周りを気にする文化があり、それは他国にもあるけど日本のほうが非常に強い。周りを気にしてしまうのは日本に気にさせる環境があるからだと言える例が亀田のTシャツから乳首が透けていたとき周りのクラスメイトが笑うのだ。そういう環境があると亀田が服を気にしてしまうのはわかる。

このれ笑えるあるあるの本ではあるけど日本にある差別意識を描いているように見えるのも面白いところだ。
アメリカで見た目で乳首が透けているからって笑う人はいないし笑ったら些細な見た目で判断する差別主義者と思われる可能性もある。アメリカでも見た目は重要だけどこんなことでは笑わないし日本より多様すぎるぐらいいろんな宗教、人種、性別の問題の人がいるから見た目が他と違うからと言って笑えないところはあるのだ。
作者の大学生の時の苦しみは差別を差別と思わない自分と差別と思わない周りの環境によって起こったことである意味作者は被害者であるとも言える。

そして亀田は友達がいない孤独が我慢できず一人で葛藤している。最終的にしぶしぶクラスの飲み会にいって友達を作る。

この点は僕は共感できなかった。友達ができなくてもう限界だ・・・!と思ったことがない。亀田は楽しそうに学生生活を送っている学生と友達になりたいと思っているけど、自分が楽しみたければ楽しめばいいんじゃないかとどうしても思うのだ。ダンスに興味があるなら興味があるから友達に教えてほしいって言えばいんじゃないかと思う。
僕の友達は僕の趣味に合う人が友達だから他の人が楽しそうに学生生活していてもそれを楽しいかどうか僕が感じるかは別で、お酒ばっかりのんでいるパーティーばかりしているアメリカの学生を羨ましいと思うよりバカなのかな?って思ってしまう。

そして亀田は自分がさえない人と思われないために少ない友達に嘘をついて自分を大きく見せようとする。自分ではなかなか変われないので、限界を感じ嘘までついて自分を良く見せようとする。これを見て亀田って中身がないやつだったんだろうなぁと思うのだ。作者自身のことを描いていると思うので作者に中身がなかったんだなぁと思うのは申し訳ないけど、中身、自分があれば嘘をいったり自分を誤魔化して無理に嘘の自分を演出していくこともないと思うのだ。亀田は虚言癖がある学生だと言える。虚言癖がある人はプライドが変に高かったりコンプレックスの塊だったりすると思う。かわいそうな人なのだ。亀田は勉強ばかりして受験に挑みそんな自分がちゃらい奴らより楽しめないのが悔しい。好きでもない勉強を無理に自分にムチ打って自分を押さえつけ続ければそんなコンプレックスの塊になるのかもしれない。学生を楽しむというより人生を楽しむことを考えたほうがいいのではないかと思う。

アメリカの人を見ていると人生楽しんでいる人が多いと感じる。でもそれは行き過ぎて自分のやりたいことを主張しすぎているとは思うけど自分の人生なんだから楽しく生きたほうがいいに決まっている。

嘘は嘘でもアメリカの嘘はまた違う。学生が亀田みたいにやってもいないことですぐわかる嘘をつくことでなく、やったけどその結果を大きくいう人がアメリカには多いと思う。すごい自身をもって発言していても言っていることは普通のことだったり自分が正しいと言わんばかりの自身っぷりにバカかと思いながらもちょっと尊敬するときもある。日本は嘘だと思って内に秘める嘘、アメリカは内に秘めず嘘だと思わず自信たっぷりにいう嘘かと思う大げさすぎる発言。

亀田のように周りを気にしすぎたり変なプライドを持つ人は今でも多く日本にいると思う。同じように服を着る人が多い傾向は韓国でもあって韓国を悪くいうわけではないけどここには韓国の差別意識が隠れていると思う。差別の少ない国になるためには差別意識が遅れている韓国と同じと思われない日本の環境にいつかなってほしいと僕は思っている。

また日本の学生の服装が似ていることについては外国の人と話したことがあるけど日本は掲載的に先進国だけど多様性が欠けているんだなぁって言われたことがある。まさにその通りで多様性がないからこそ目立つことを変に思う環境はある。でもこれからどんどん外国人労働者が入ってきたらそんなことで変に思ったりすることは先々トラブルの元になるんじゃないかと思う。

なにはともあれこのマンガは色々考えさせられたけどネタとしては面白いので楽しめた!

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。