アメリカでインフルエンザが猛威をふるっているということについて思うこと

アメリカのテレビを見ていてインフルエンザについて全く報道されていなんじゃないかと思うほどインフルエンザの猛威を感じない。
それなのに日本のメディアではアメリカではインフルエンザが猛威をふるっているというではないか。もしかしてこれは中国のコロナウイルスよりインフルエンザが危険といいたいんじゃないかと思えてくる。

アメリカ、サンフランシスコではマスクをしている人はほとんどいないしせきをしている人もほとんどいない。少なくとも学校ではせきをしている人をほとんどみない。たまにしているかなーという程度。
そのためインフルエンザがアメリカ全土で猛威をふるっているというのは本当なのかな?って思ってしまった。不思議だ。

アメリカではコロナウイルスの報道しか、すくなくとも僕が見ているテレビでは放送していないし、日本の横浜のクルーズ船のニュースが毎日報道されている。
これから思う印象は日本があぶないウイルス感染国なんじゃないかと思わせてくるということだ。印象操作かもしれないけど僕はそう思ったのだ。
なのでむしろインフルエンザより日本のほうが今あぶなくなっているんじゃないのかなって思えてくる。

アメリカ全土でインフルエンザが猛威をふるっていて僕の周りでも病気になっている人が大量にいるのなら信じられるのだけど現段階でそんなことはない。

僕は日本にいるときに季節が変わるごとに病気になり毎年インフルエンザにかかっていたほど体は強くない。予防接種は毎年しても病気になっていた。なのにカルフォルニアにきてからはそんな病気になったことがないのだ。予防接種もしていない。けっして体が強くなったわけじゃないし気温の変化がそこまで強くないし空気は日本の冬より乾燥していないと思う。そのため僕だけかもしれないけど日本の冬は体がかゆくなることがあるのだけどカリフォルニアではあまりかゆくないのだ。軽い運動はするけどそれでも疲れるのが早くて体力がないことを実感するほどである。軽い運動しただけで昼寝をしないと疲れて勉強ができなくなるほど体力がない 笑
インフルエンザは乾燥した季節に流行ると思うけどカリフォルニアってそこまで乾燥していないと思うし日本ほど寒くもない。カリフォルニアって僕の体験的には病気になりづらい場所だと思う。アジアみたいに人がごみごみしているわけでもないし多くの人が車で移動して接触がアジアや東京と比べて少ないと思うし、電車もバスも混んだとしても東京ほどでないし。本当にカリフォルニアを含めてインフルエンザが猛威をふるっているのだろうか?

それともアメリカの報道はコロナウイルスの騒ぎもあるのでインフルエンザについて報道したくないのか?でも毎年気にするほどインフルエンザは報道されていないのでたまに見たかな?というぐらいなのでいつもどうりのようにも思う。

ネットで引用されているアメリカのインフルエンザの広がっているマップはアメリカCDCが公開しているものである。アメリカCDCはCenter for Disease Control and Preventionの略でアメリカの中央疫病管理センターのことである。CDC世界中にあるが主に先進国ではなく発展途上国あったり発展途上国で活動しているのだと思う。
メキシコを発展途上国に含めるかはわからないが国は中国、アンゴラ、ラオス、バングラディッシュ、レソト、ボツワナ、韓国、インド、タイなどなど参照ページ

中国が含まれているということは中国マネーを頼りにしている国が多いんじゃないかなって思うんだけど、もしそうならCDCのインフルエンザマップは中国に配慮したものなんじゃないかなと思えてくる。
CDCのインフルエンザマップによると過去10年以上インフルエンザでアメリカで猛威を振るったことがない、ほとんど緑なのに2019~2020だけ真っ赤っかだ。これは偶然なんだろうか?十年以上も同じようにインフルエンザがさほど広がっていないアメリカで突然真っ赤になることは現実的なのだろう?そんなに広がるとなるとそれこそウイルス兵器なみだと思えてくるが、実際に僕の周りにはインフルエンザにかかっている人はおらず、せきもしている人もほとんどいない。本当にインフルエンザの影響が真っ赤になるほど広がっているなら国民がウイルス兵器なんじゃないか、パンデミックじゃないかと疑って怒っていいはずなんだけどそんなこと全くない。アメリカ人のほうが綺麗好きじゃないので病気になりそうだけどなかなかならないのだ。トイレの水で歯磨きをする人やトイレの水で食器を洗う人がいるアメリカで彼らは意外と強いと思うので突然マップが赤くなることに不自然さを感じるのだ。
むしろ毎日のようにアメリカではコロナウイルスのニュースばかりだ。

2009年、豚インフルエンザが世界で猛威をふるったといわれているときだと思うけどそのときのマップでもアメリカ全土が赤くなっていない。豚インフルエンザでもほんとど平気で、体が丈夫なアメリカ人が多いのに今回のアメリカ全土が赤くなるというのは異常なんじゃないかなと思うし、中国のコロナウイルスはやばすぎるから目をそらしたいんじゃないかなって思えてくる。しかも不思議なことに誰もなんでインフルエンザが今回猛威をふるっているのかわからないようだし、それってやっぱり陰謀論のようだけど中国のせいなのかなって思えてくる。本当のところはどうかはわからないけど。都市伝説みたいなものかな 笑
もしただの中国のコロナウイルスから目をそらしたいだけの配慮だったら日本のコロナウイルスに対する対応の遅さや平和ボケはやばいレベルなんじゃないかなって思う。

普通に考えてもらいたいけど、誰も理由がわからなくて、今までどんな危険があってもパンデミックにならなくて、実際のアメリカの生活でインフルエンザになっているような人をみなくて、CDCが中国とツーカーだと仮定するとアメリカ全土が真っ赤になるのはやっぱり不思議だなぁ。
しかもCDCのマップは推定で色をつけているらしいので推定なら中国寄りにちょっと操作してもいいだろうと思うこともあるかもしれない。真っ赤にすることがちょっとの操作かどうかはわからないけど。

さらに2014年から2020年の線グラフでの週ベースでの広がり方を見ても今回のインフルエンザは昔とさほど変わらない。本当に今年真っ赤になるほどなのか?と思ってしまう。
年代別の10万人当たりのインフルエンザ率。これは推定なので正しいわけではないけど。今のところ本当に騒ぐほどのものだろうかというぐらいのグラフなのだ。もし本当にやばいのならアメリカのメディアだって報道するだろうし、政治家も問題視するだろうけどそんな様子さえない。折れ線グラフとアメリカ全土の赤いマップのつじつまが合っていないように思う。僕の見方が間違っているだろうか。CDCがだたミスっているだけのか。

ちなみにもし陰謀論みたいな操作がされているとしたら、真っ赤っかの中に一つだけ緑色の州がある。そこはアイダホ州でアイダホ州には行っても大丈夫という操作が含まれていると思う。中国人の多い場所と言えばカリフォルニアのサンフランシスコやロサンゼルスやニューヨークだけど、そのあたり親中であっても完全な親中ではない。なぜならいろんな留学生、移民がいて反中もいるしごっちゃごちゃなエリアなのだ。だけど反トランプが多い地域だとは思う。アイダホ州とは2011年ごろ中国に買われるかもしれないと言われたエリアである。古い動画だけどニコニコ動画では日本語でそのことを語っている人がいる。動画で怒鳴っているけど一応参考に動画のリンクを張っておく。

ニコニコ動画

実際のところアイダホ州全土が中国に購入されたわけではなさそうだけど中国との取引が現在でも多い場所でそれは中国から投資が多いエリアだといえる。参照:CNBCの記事

アイダホから輸入している中国はウイルスの影響で中国に経済的なダメージを与えたくないんじゃないのかと見えてしまうのだ。CDCの公開情報って信じていいかどうかわからなくなってきた 笑
CDCは権威がある機関だろうけど権威のある世界中の場所って中国に抑えられている気がするのは気のせいだろうか?大学、企業、機関だけでなく政治家など。そもそも今までのアメリカって中国べったりだったわけで様々な企業が今でも中国と繋がっていると思ってもおかしくはない。
と、するとやっぱり今までにみたことないぐらいコロナウイルスってやばいんじゃないの?

アメリカのインフルエンザを問題視するメディアは親中なのか?というと親中な場合もあるけどわかっていないだけとかただCDCが公開したからというのもあるのかもしれない。しかし親中のメディアもいるだろうからインフルエンザを問題視しだしたもしかして親中メディアかなと?思うものをチェックしておくと面白いかもしれない。

いやいや、アメリカのテレビが報道しないだけで実はアメリカのほうがやばいんだから!って思う人もいるかもしれない。まぁそれは現段階ではわからない。少なくとも僕の実感ではないしマスクがアメリカアマゾンから売り切れになっているのはいくつも見つけることができるけど、どこにマスクをしている人がいるんだろう?っていう感じなのだ。売れきれといっても一部はまだ買えることができるし、そんなに売れきれならマスクしている人がいてもいいよね?って思う。まさか中国人のことだから中国に転売するために中国人が購入したのかな?とか。日本にもマスクを転売するために中国から来た人がいるニュースがあるのと同じようなことがアメリカで起こっているんじゃないかな?
アメリカ人がマスクを買うと思う?ほとんどの人はマスクを嫌うしカリフォルニアで火災があったとき煙がすごかったけどそのときには日本で見るようなマスクをつける人がいたり、ごっついマスクをつける人がいたけどそれでもマスクをつけない人がたくさんいたのだ。そのときにマスクが売れ切れたかというとそんなことはなかったと思う。だから今のアマゾンのマスクの売れ切れとか変な現象だなぁって思う。

と、ここまで考えてもそれでもまだ陰謀論からは逃れられないから本当のところは不明であるし僕の考えが間違っている可能性もあるので参考程度に考えておくといいだろう。僕は僕が実感することを信じたいから中国陰謀論よりに考えたいけど。
インフルエンザがアメリカで広がっていることがCDCのミスなだけで実はコロナウイルスだったとしても、そもそもCDCが意図的にインフルエンザが広がっているとしていたとしても時間がたてばその答えがわかるだろう。

それと面白いことに多くのアメリカ人がコロナウイルスについて表では口に出さないようにしているんじゃないかと思うぐらい話を聞かない。でもアメリカ人のクラスメイトが自分の作品にコロナウイルスの形を観察して造形物を作るとか言い出して口には出さないけどみんな気にしているんだろうなぁって思った。
コロナウイルスで差別も今のところは無いしやっぱりカリフォルニアだから差別が少ないのかなー。

あと、中国と日本を比べて今回中国のほうが世界へのアピールが出来ているように思う。中国を褒めたくないけどアメリカでは横浜のクルーズ船のニュースを毎日報道されても同じようなことばかりで進展がないような印象しかなく人によっては日本の対等に不信感を抱く人がいてもおかしくない。もちろん中国も隠蔽はしているけどね。

ユーチューブでもクルーズ船のことを英語で説明する動画はユーチューブだけでなくアメリカのテレビでも取り上げられているので日本やばいと思う人はアメリカにいてもおかしくない。今のところ周りでは誰も口には出してこないけどね。
あと動画で言っていることが正しいか間違っているかはわからないけど僕はとりあえず信じるしかないのかなーって思っている。嘘いわなそうな雰囲気があるのと専門家というのとかね。もし間違っているなら正式にはっきりと根拠をつけて政府だって反論するだろうし。さらに反論されるようなことを顔出して職を表明して言うとも思えない。
仮に嘘だったら裏でお金をもらって活動しているとかはありえるけど、そんなふうには見えないのはあまりにリスクが高すぎるからね。
このような動画が出てきてしまった以上は完全な政府擁護はできないんじゃないかなーって思う。

感染症の専門家、客船内の感染対策を批判 BBCが独占取材

これは日本が中国を配慮して情報を後悔したくないのか、今回対応した人、管理している人が国際的な視点がないだけなのか、ただオリンピックを考えて風評被害を避けた入のかはわからないが結果として日本の印象は少し悪くなったんじゃないかと思う。不思議なのが今、ネットでは「日本ありがとう」メッセージが中国からあったりする。なんかタイミングが良すぎない?と感じるのは変だろうか。それと一度大きな風評被害が出ると韓国とかにずっと言われそう。東日本大震災での放射能問題を今でもいう韓国がいるように。名誉挽回でいい結果を聞きたいものだ。日本は名誉挽回できると僕は信じているし日本人は世界から信用を勝ち取ってきた国だからである。
なのではやくはっきりしてくれれば名誉挽回は時間の問題だと僕は思いたい。

ただ、もちろん政府だけを批判するのは難しい。なぜなら国民もたいしたことないと思っていた人も多かったと思う。少なからず僕が日本にいる友達に少し前に聞いたときはあまり警戒していない様子だった。少なからず今でも日本は平和ボケがあるのでそこを徐々に改善していかないと今回のようなことがまた起こる可能性があると思う。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする