アメリカっていい加減だけど、そのいい加減がたまに良かったりする

アマゾンで頼んで郵便局の人が届けに来たときのこと、ドアをノックされ開けたて目の前にいた郵便配達屋さんは白ヒゲもじゃもじゃで白い髪で体がぼてっとしたサンタクロースみないな人だった。荷物を渡すとそのおじさんは「ho ho hohoooo」といって去っていった。

なにあのテンション。って思った。

そしてある日、別の郵便配達屋がきたときこと、ドアをノックして僕が外にでることもなく適当に荷物を外に置いて去っていった。雨のあとで地面濡れてるんだけど・・・・。

荷物取られたらどうするんだよ、このやろー。。。

さらに外を歩いているとき、郵便配達員の思いがけない行動を僕は見た。

アメリカでは鉄で出来た開閉式の柵がアメリカの建物の入り口にあったりする。

これはアメリカが日本ほど治安がよくなく泥棒対策で作ったものだと思う。

柵が降りていたため郵便屋が荷物を奥まで置けないので困った郵便屋は、なんと柵の隙間から荷物を投げ入れた。投げたのだ。これには驚いた。投げて壊れるなんて考えてない。ちょっと凹もうが関係ない感じだ。

ほかにも、学校の話だが成績の付け方が適当だったりする。
先生にもよるが、ある先生は

「みんな今月は他の授業で忙しいだろうから、今回見たビデオの感想文だけで成績つけるよ」

自分(え、それだけ?)

この授業受ける意味ないんじゃないのっていうのが先生によってあったりする。

授業の最後に他にも君は良い成績になるよ、Aレベルだなって言っていたのに結果みると”ーB”。

なにそれ!文句のメールを送ったが返信全く無く諦めたり。

他にいっぱいあるが、こんなめちゃめちゃなアメリカだけどいいところがいっぱいある。

あまり日本にいるときより気にするものが少なくなる。ストレスがある意味少なくなるんだ。

見た目も日本ほど気にしないし、約束の時間を1分遅れたからって怒る人もいないし、自分の意見があればその意見が他の人と違っても違いを受け入れてくれるし、日本より自由な感じは間違いなくあってそれがいい。ただアメリカ人は自由すぎると思うけど 笑

あとそのいい加減さにイライラしてたらたぶんアメリカではやっていけない。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。