韓国のダンスグループのBLACKPINKがアメリカのテレビデビュー

韓国の音楽はアメリカでも人気だ。韓国絡みで新しいニュースを聞かないと思っていたらテレビにいきなり韓国ダンスグループのBLACKPINKが現れた。

これには衝撃を受けた。なぜならこのダンスグループはYoutubeでも人気とても人気だったのはしっていた。アメリカのテレビにまでは出ないだろうと思っていたが、予想を超えた人気になりアメリカのテレビにも出てしまったのだ。

このことからどれだけ質のいい映像を無料で届けて人気を獲得することが重要かということがわかる。質のいいものは日本にも多いがやはり日本のものは無料で公開されることが少ない。その理由もあり韓国グループの勢いが強くなってくるのだと思う。

アメリカで人気になった近藤麻里恵さんもアメリカで知られるように本やNetflixによって大きな人気を獲得していった。日本の良さというのは意外にもまだまだ世界に発信されていないことが多いのだ。

オンラインゲームのリーグオブレジェンド(LOL)でも韓国押しはとまらない。韓国の女性ダンスグループがLOLでデビューしてしまうという勢い。もちろんLOLは韓国ゲームユーザーが多いと思うので韓国寄りになってしまうのはわかるがエンターテイメントは韓国がいろいろなところで力を発揮している。LOLのときはゲームだしまぁ韓国人たちが課金しているからしょうがないとおもっていたのだが、ゲーム以外のユーチューブの力もあってダンスグループがアメリカのテレビに進出してしまうというのはびっくりした。しかし彼女らの歌う歌詞は英語である。それとは反対にBlackPinkは韓国語で歌っても人気を獲得しているから驚く。

もちろん日本のBabyMetalは日本語でも人気を獲得している。BabyMetalはアメリカにこびを売っているように見えない見た目にくわえて韓国にもないアメリカにオないロリを全押ししたメタルグループ。それは明らかに他のグループにはない魅力を持っている。そしてレディガガがBabyMetalをSNSで言及したりするという宣伝効果もあったから人気がでた。そしてアメリカになかったものを持ってくるという先頭を走ったから後で真似しようとしても他のグループは真似できないほどの人気を得てしまった。でもBlackPinkはアメリカの有名なアーティストが言及するわけでもなく、たくさんの韓国ダンスグループが人気なことをこと考えると無料で公開しているYoutubeの宣伝効果と韓国ドラマの前からの人気があって受け入れやすい環境が整っていたのだと思う。

韓国は嫌われていることは多いけどやっぱり若い世代にはものすごい影響力がある。韓国ダンスグループはアメリカ人からすると見た目が細すぎる人も多いし、子供っぽくも見えるし見た目の魅力の点では劣ると思うのだが、化粧やファッションで欠点をカバーして、癖になるダンスと曲によって見た目も良く見えてしまう。

日本のエンターテイメントで人気なのがやはりアニメとゲームとギャル文化は人気があると思う。政府がお金をだして宣伝をしているわけじゃないのにアニメもゲームもギャル関連は人気があることは知らない間に人気が出やすい土台が出来ているのだと思う。しかしこれらは人気だけど爆発的に人気になることは少ない。これはやはり宣伝効果の少なさによりアメリカの人達の目になんども触れることができていないからだろう。

なぜギャル関連が人気なのか、それは独特なファッション、化粧、ダンスがあるからだ。独特というのはファンが付いてもおかしくないのだ。僕の周りにはギャルはいないけどギャルっぽい格好をしている外国人クラスはいる。

アニメや漫画が違法にも無料で見られてきたことを問題視するが、無料で世界で見られたことはかなりの人気を獲得する良い影響があったのではないかと思ってしまう。
インターネットというのはコストがかからない宣伝媒体であり、予想を超えた宣伝効果がある。公式にでも無料で公開するビジネスというのはこれから必要になってくるのではないだろうか。

あまり質のいいとは言えない動画でも少なからずファンを獲得しているYoutubeの青鬼TVは無料だからこそファンが付いているのだと思う。あまりのも変な動画なのにファンがつくという不思議すぎる現象が無料という媒体によって起こっている。

無料で見ることの出来るモンストはファンを獲得してモンストしたいという人が増えるだろうし、なんの面白くもないことなのにVlogという自分の生活を公開するだけで人気を獲得してしまうというこが起こっているのが現代の現象なのだ。この現象はずっとは続かないとは思う。なぜなら、インターネットができてまだまだ浅い、そのため今世界では知らないことが知ることができるという楽しさがあるけど、これがもっと膨大な情報が溢れて他人の生活を見ても対して新しいものがないや他国の料理を食べるところに新鮮さを感じないと思い出してくると、新しいコンテンツがますます重要になってくる。今お金をつかわない人が多いからこそお金を使って何かを食べたりどこかに行ったりするのを見て楽しいと思う人は多いと思うけど、日本の生活がもっと向上した場合、みんなお金を使い出す可能性があるので(お金を使わないと経済も給料も上がらない)他人の食べるところを見るより自分で食べたいと思うと思う。なぜならお金を使う人はお金をつかって何かをすることに時間を使わないといけないから無料でゆっくり見ることはあまりしないと僕は思う。働かないといけなしい、生活に必要なこのも買わないといけない、生活が忙しいのだ。新しい魅力的な人でもない限りは今のようななんでもない動画でも面白いと思われる時代にはならないのではないかと思う。特に無料によって人気を獲得しやすいのは発展途上国などのお金をあまりかけられないところや、お金がないニート。中国、アメリカの極端な格差もあってお金をつかわず楽しむ人はお金の無い人ほど多いと思う。これは格差が広がろうとしている現代の現象だと思う。

話をもどしてそんな時代だからこそ、Youtubeの後押しもありBlackPinkの人気は出たのではと思った。

日本のコンテンツは無料の媒体にもうちょっと力を入れたほうがいいのかもしれないと思った。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。