死ぬかと思ったアメリカの食事

アメリカのスーパー、とレーダージョーズで売っているチキンエンチラダというメキシコの食べ物。ぱっと見た感じではたいしたことなさそうな食べ物なんだけど、実はものすごい。

この食べ物をメキシコ店で食べたときはおいしかったんだけど、トレーダージョーズのは死ぬかと思うぐらいチーズの臭いがきつくて口に一口入れたら気持ちが悪くなって吐きそうになった。買ったときはあまり臭いもしてなかったのに電子レンジで温めて調理するって書いているからその通りにしたら臭いがすごくなった。

温めたら匂いがすごくなって部屋中臭くなったし、一日中口の中も臭くなってずっと気持ちが悪かった。

アメリカの人ってメキシコ人も含めてチーズが大好きだからいろんなチーズを売っているんだけどチーズの中ではあまり日本にみないような匂いのもあって、納豆が臭いとかいうレベルじゃなくて、人を不快にさせる武器だ 笑
食欲がなくなるぐらいの臭いで、ずっと「うぇー」ってなっていた。ものすごく我慢して食べ続けていたのがいけなかったのか、気持ちが悪くて変な汗がでてくるし体も震えてきて頭も痛くなっていた。気持ちが悪くなりすぎると頭も痛くなったり震えたりするみたいだ。

アメリカにきたらトレーダージョーズがあるから面白半分にランチのときに買いに行ってみるといいだろう。臭くて死ぬ。

これをおいしいと思って食べる人が多いからスーパーでたくさん売っているんだろうけど、そうすると味覚は日本人とはまるっきり違うと思ったほうがいいのかもしれない。アメリカ人でもアジア食、日本食が好きな人はいるけど本当の意味では味がわかってないかも。おいしくないアジア食を食べておいしいと思っている人もいるし。まぁ毎日ピザとかバーガー食べてたら味覚も濃くなるかもね。

こんなに味覚が違うならアメリカ人と結婚は出来ないだろうなーと思った食事だった。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。