アメリカの犬が日本の犬と比べてなんか違う

僕の近所では犬を買っている人が多いんだけどすれ違う犬が日本と少し違うと感じたことがあった。

僕は犬は好きなんだけど大きい犬になると慣れなくてちょっとビクついているんだと思うんだけどすれ違うときに飼い主が僕のびくつきを見て犬が害を与えないようにリードを短くもったり、お座りさせたり、わんちゃんに声をかけて大人しくさせていることがかなりある。というか90%ぐらいの飼い主はほぼ犬に声をかけていると思う。僕が通り過ぎるまで「大人しくしてね、安心して、よーしいいこだ」みたいな。通り過ぎたら、「よくできたね。よーし。」みたいな感じ。ずっと声をかけている人もいれば僕に声をかけつつ僕に笑顔で害がないアピールしてくる人とか。これはあまり日本ではないことだと感じた。だいたい日本だと僕がびくついていてもお構いなしに通り過ぎたり、たまにリードを短くしたりとか気を使う人もいるけどそんな人ばかりじゃないと思う。アメリカでは外で人に吠える犬っていうのがあんまりいない。
たぶん、吠えるっていうことは、怖がったり、遊んでもらいたかったり、ストレスが多かったりするんだと思うけど、吠える犬が少ないアメリカは犬にとってストレスが少なく、安心して暮しやすい環境があるといえるのかもしれない。

でも時々、ものすごく吠える犬もいて、そういう犬の飼い主はマイノリティーの人だったりして一般的なしつけや飼い方をしていないのかもしれない。どうしてマイノリティーがわかるかというと、見た目が近所ではあまりみない服装や人種っぽいこと、しゃべり方がアメリカっぽくない。そういうところからどっか違う州か国から引っ越してきたのか移民してきたのかなーって思ってしまう。

外で飼っている犬をみない。そのため夜外で犬が吠えている泣き声を聞いたことがほぼない。犬って日本だとかなりの家庭が外で飼っていると思うんだけどアメリカではその光景をまだ見たことない。

車に乗せて窓から顔を出している犬に遭遇する率は日本より高いし犬が日本よりとても人の生活になじんでいるように感じる。

そして日本と比べて犬と会う機会がどこでもある。外に出たら犬か猫かリスにほぼ会う。例えば電車の中、スーパーの中、学校など。電車の中でもワンちゃんは大人しくしているし、スーパーの中でも大人しく普通に歩いている。電車は日本ほど混んでいないから犬にとってもストレスがすくないんだと思う。ただ電車で遭遇するのはあんまり多くない。

それと日本の大学の授業に犬を連れて行くことってほぼないと思うけど、アメリカで僕は複数の授業で犬を連れている人に遭遇したことがある。今までクラスに犬は最大2匹しかいたことなかったけど犬ちゃんたちは大人しいし授業中も静に床で寝てたりする。クラスメイトからも人気でとてもいい効果だと思う。でもどんな犬でも呼べるわけじゃないとたぶん思う。学校によるのかもしれないけど、病院できちんと病気がないことが証明されているとか、大人しい犬かどうかとかたぶんあると思う。うるさいと授業にならないし。ちなみにワンちゃんが床で寝ていて床の色と重なっていてあぶなく踏みそうになったことがある 笑
もちろん学校に来ていた犬は盲導犬じゃない。普通の犬。犬とか猫は生徒の精神に良い影響を与えると思う。
寮でも許可が下りればペットと一緒に住めるみたいだし、ペットとへの考えは日本より進んでいると思う。

ただどこの大学でも犬をつれてきていいわけじゃなくて大学によって許可していないところもある。

どこでも犬がいるからビーチにいっても飲食店でもいるし、面白かったのがベビーカーをついている女性がいて黒いカバーがかかっていて中の様子がみえなかったから、ちょっとのぞいてみたら赤ちゃんじゃなくて犬だった!
たぶん希なケースだけどいろんなところに犬いるよって話。
外でランニングしている人も犬と一緒に走ってたり、危ないと思ったけど自転車だったかバイクだったかに乗りながら走っているのを見たとき。かごに犬が乗っているわけじゃなかくて普通に道路を走っていた。これは車の多い大通りじゃなくて住宅街などの静かな場所だったから走れたんだと思うんだけど、まぁ色んなところで犬がいる。

そして猫とリスと犬もケンカしているところに遭遇したことがないということ。みんな慣れているのかうまいこと共存している。リスはこそこそ逃げるし、猫はぽけーとしているし、犬は何も気にしていない感じだし。

そう考えると意外にもアメリカのワンちゃんは賢いのかもしれない。こちらでは犬が人を噛むと犬が殺されてもいいらしくて飼い主はそうならないように本当に気をつけているんだと思う。それとアメリカの犬は人間社会に適応できるように教育されているんじゃないかと思う。そういう教育としつけが出来ていないと学校で大人しくしているなんてできないと思う。知らない人間に慣れていて、慣れていないとホームで電車を大人しく待つとか、車で大人しくしているとかスーパーで食べ物を勝手に食べずに大人しくするなんてできない。

これ人間社会に慣れるように強制しないといけない社会がアメリカで人間社会に無理に合わせないけど動物達の生き方を尊重するようしているのが日本と言えるかもしれない。どちらもメリットデメリットがあると思う。

ただ、カリフォルニアでは糞をそのままにしているケースが多々あり雨もなかなか降らないので地面が汚いと思う。綺麗に回収する飼い主もいるけど回収していない人もいる。学校でわんちゃんがトイレ行きたくなったらどうするんだろう、それはまだ遭遇してないから気になる。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。