婚活で男余りと聞いての違和感

だらだらと思ったことを書く記事。
男の人が余っていて結婚したくてもできない男がたくさんいるという話。

僕の個人的な気持ちとしてはそんなに結婚したくてもできない人がいるの?病気で出来ないとか障害があって出来ないとかを除いてもたくさんいるの?びっくりした。なぜなら僕は結婚なんてまだしたいと思っていないし、結婚はしようと思えば何年も結婚できずに婚活を続けなくてもできると思うから何年も婚活してできないって人は何が問題なのか謎過ぎると思った。

それに結婚しなくてもいいんじゃないのかなーって思う。結婚しなくても家族にはなれるし子供は作れるし、国のサポートが法律上不利なら法改正を地域の政治家にお願いしてみてもいいんじゃないかと思う。

そもそも日本で結婚できないなら海外に行けばいいんじゃないかと思う。女性余りになっている国だってあるし需要のあるとこに行けばいいと思う。

海外なんていけないよーって人は語学勉強すればいい。語学なんて何年たったって身につかないよーって人は本当にマジメに勉強しているのか謎なんだけど、世の中に何年もマジメに語学を勉強して日常会話レベルもしゃべられないって考えづらい。

そんな努力はたくないって人は日本語をしゃべることのできる外国人を探すといいかも。そんな人どこにいるのっていうと日本にだって日本語を学びにきている外国人は多いし、海外だって日本語を学ぶコミュニティはある。日本オタクが多いと思うけど。

結婚したくないし結婚はしないけどすでに子供も家庭を持っているって人はいるんじゃなかなーとか

婚活で高スペックな男性ばかり求められるっていうけど本当かなーって思う。スペックなんてあんまり気にしない女性だって世の中たくさんいると思うし、気持ちがのほうが優先って人もいるよね。それには長時間の交流が必要だろうけど。

中には歳をとって婚活市場から需要が少なくなっていると思う人もいるかもしれない、じゃ海外行こうーって思う。歳とってお金があるなら結婚したいって人は星の数ほどいると思うんだけど。お金がないーって人は物価の低い国に行けば日本でお金がない生活でもお金がある生活に変わるよね。

僕も興味があって日本の婚活に参加したことあるけど基本僕の場合は将来的に日本に滞在しない可能性があるから日本にいたい人が多い婚活では需要が少ないけど、婚活市場以外からは近寄ってくる女性もいる。かわいい子しか仲良くならないけど。かわいい子しか仲良くならないなんてなんてクソ野郎なんだと思うかもしれない。でも誰とも仲良くしていたら女の子だって結婚を意識しちゃうと思う。そういうことは僕にとっても相手にとって時間の無駄になって相手にとって可哀想な結果になりえるから仲良くしないことで気持ちに配慮している。男女って結婚がチラつくからそういう期待をさせないことは重要だと思う。それに僕は何人とも付き合うなんてしたくないし一人と付き合いたい。僕は器用じゃないし趣味が多すぎて何人とも一緒に付き合うなんてイライラしてきちゃうと思う。よく女の子に囲まれた世界に憧れる人はいるかもしれないけどそんな世界全く楽しくないと思う。

まるで僕がモテモテのようなことを書いているけど僕はモテモテじゃなくて普通なんだと思う。男女が出会う場所なんて人生で限られていて多くの人が近場で知り合った人と付き合うことになると思うから近場でいいと思う人がいたら付き合うことに発展するのは普通だと思う。
近場の女性と知り合って付き合うことに発展しないのは男女ともに知らない他人の場合かお互い話す機会がないか話す機会があっても魅力を持ってもらえないんだと思う。普通の男性が普通の女性と知り合ったら付き合うことになりえるのは普通。お互いにとって普通に魅力的と思えるようじゃないから付き合えないんじゃないかなーって思う。

いやいや普通でも無理だからとどんな人かと話を聞いたことがあるけど、真面目に仕事をする見た目も素朴な男性だった。素朴と真面目というのを普通と考えられるけどその人は女性と知り合うきっかけがない人だったからきっかけがないと付き合えれないのは当たり前だから女性と知り合ったらいいんじゃないの?って話したことがある。

そんなこと言っても知り合えないから困っているんだよって言われても、男女が知り合う場合は2つしかないと思う。自分から知り合いにいくか、自分を見つけてもらうか。自分で見つけてもらうには明らかな魅力がないと目にも入らないし覚えてもえないだろうから壁は高い。普通は自分から知り合いにいくしかない。僕はあまり自分から女の子を捜しにいかないのは知り合うきっかけがあるからでそれは友達からの紹介だったり勉強する仲間と知り合ったり、同じ趣味で知り合ったりとかになる。知り合える場所に行かないで引きこもってたら当たり前だけど知り合えない。誰ともあわないで引きこもるなんて山にこもる仙人みたいじゃないか。そういう人と僕を比べると僕はモテるように聞えるかもしれないけど、それは勘違いで普通だから。仙人と比べちゃいけない 笑
反対に自分を見つけてもらえるぐらい魅力がある人だったらそれはモテる人だろうね。顔がいい、目立って注目を浴びている、有名な人とかそういうことだと思う。そういう人は魅力があっていろんなことが尊敬されているんだと思う。でも尊敬だけならどんな人でもされることは可能だから魅力を高めることで尊敬される人にはなれると思う。そして顔に拘るのは日本人が多くて海外ではそこまで顔に拘らない人が多いので、顔、顔っていうのも気にしすぎじゃないあのかなーって思う。まぁでもそれは日本の美的感覚でもあると思うからいいんだけど。

知り合うなんてめんどくさい、もしくは時間がないって言う人は紹介してもらえばいいんだよ。紹介なんてしてもらう人いないって人は本当に誰かに相談したのかな?って思う。友達がいないなら先輩や後輩、上司部下からの紹介でもいいと思うし、親からの紹介してもらうなんてことも可能だろう。ちなみに発展途上国に行くと仲良くなった現地の子から紹介されるなんてことはあって紹介されるほうも困るんだよ。勝手にセッティングされてなにがなんでも会ってって言われてかわいくないし、魅力が少ないから嫌だんだけどってはっきり答えているのに無理にも会ってっていうから会うぐらいはしたことあったけど。つまり紹介してもらえる市場っていうのがあってそこに飛び込まないと紹介してもらえないってこと。周りに紹介できる人がいない人ばっかりだったら紹介してもらえないよね。お金で例えるとたぶん、お金が集まるところに行かないとお金は稼げない、商品をお金をもっている人に見てもらえない買ってもらえない、ターゲットはどこにいて誰なのかを明確にしないと空振りしちゃうってことだよね。

上でもちょこっと触れたけど女性余りの国っていうのがあって、たくさんあるんだろうけど分かるのはロシアとかフィリピンだと思う。フィリピンは余っているというより余っているように見えるぐらい国に勢いがあって先進国の人に男女ともにフィリピン人がよってくるんだと思う。だから彼氏彼女がいないくて募集している人に遭遇しやすいということ。たぶん他の勢いのある国でも同じなんじゃないかと思う。タイ、マレーシア、ベトナム、中国とかは勢いがあるから同じようなことが言えるんじゃないかと思う。ロシアは女性が余っているって有名で日本人とだって結婚したい人多いと思う。経済力がロシアと日本では大きく違っていて日本の普通の人もロシアだとお金持ちの部類になっちゃうと思う。お金で人の気持ちって変わるから怖いけどお金は重要。僕は試したことないけど、日本に来てわざわざ日本語を勉強している外国人は日本のこと大好きだと思うから日本人と結婚したい人多いんじゃないかな?って思う。日本にもそういう市場があるから飛び込んでみると、外国人彼女できたとかありえると思う。もちろん女性余りな国でなくても日本人と結婚したいって人はいるからそういう場所にいかないと会えないし結婚もできないと思う。

犯罪者で彼女がいたら俺は変わったのに、とか給料の低い俺に彼女なんてできるわけない、人生終わりだ、って考えている人がいたようないなかったような、どこかで聞いたことあるけど、アホかなーって思う。視点を変えれば漫画かなーとかギャグかなーって思う。そこまでに追い込まれるって周りが見えなさすぎるバカじゃないとなかなかなれないと思う。お金がなくたって付き合う人なんているしお金がなくて不細工でも付き合う人もたくさんいる。それはなんでそうなのかを考えたら追い込んでいる本人はバカだったなーとか思うんじゃないかなーって思う。お金がなくて不細工でも付き合う人って誰?って思うかもしれない、それは顔に拘りを持っていなくて、何かしらの武器がある人。武器は面白さ、将来性、二人の関係で何か特別なことがあったとか。面白くもなく特別なことがなければ将来性ぐらいは相手に見せることはできるんじゃないかと思う。相手がこの人と結婚したい!って思う将来性も語れないなら、人生のこと考えたことあるの?って思う。子供かな?
ギャクっていったのは漫画「明日クビになりそう」
レビューを書いたんだけど、新人社員が追い込まれすぎててギャグなんだよね 笑
これと似たようなことが追い込まれているにはあるんじゃないかなって思う。できないことをやろうと無理したり、自分のペースより周りが早すぎて話をきいてなくて分かったふりしちゃってたり。相手と自分は違うんだから相手に合わせていたらストレスが溜まるし大変だと思う。

もっと心を広くしたほうがいいし色んなことに目を向けたほうがいいと思う。

まぁちょっと話がずれてきたけど男余りで婚活が深刻化するっていうのも同じ理屈でギャグかなーって思うことがある。深刻化しているのは誰なんだろうー婚活をビジネスにする人達かな、それとも周りが見えない人達かな。

男の人は現代では生き辛いっていう話もネットで見たんだけど面白かった。考えが僕と違っていて。女性のほうが楽しみが男性より多いというのはお金を使う女性への娯楽サービスが多いと言えるにはわかるけど、娯楽サービスが多いからと言って楽しいか生きやすいかというと僕にとって全く関係ない。むしろいらない娯楽サービスが多くていらない情報が男なら女ならと入ってきてストレスでしかない。その点僕は男に生まれて化粧もきにしなくていい服だってあまり気にしなくていい流行なんて女性ほど気にしなくていいと良いことばかりでよかったと思う。

女性の男性への高い望みが男性を辛くさせるというのも世界一般的な話ではあると思うけどそれは男性からの望みもあって女性はそれに答えようと男性の求める女性になろうとする。それについていけない人は辛いかもしれないけど、ついていこうとも思っていない人は辛くない

普通という基準は世界では大きく違う。日本の男女それぞれの望みは他国と比べて求められるところも違い求められる基準は高いほうだと思う。しかしそのような基準はとてもバカらしいと僕は思う。上でも言ったようにお金がなくても不細工でも彼氏彼女なんてできる人はたくさんいる。なんでわざわざ他人が作った基準に合わせて苦労しないといけないのか謎。これって就活に似てて新卒採用のために作られたテストや新卒の学生が勝手にやりだしたリクルートスーツの身だしなみを完璧にできるのが基準と思うことは僕はとてもバカげていると思うんだけどそれで辛いと思うより辛いと思わないところで戦ったほうが楽しいし幸せなんじゃないかなーって思う。そりゃ大手企業に就職したいと思うんだったら企業が使う採用基準をパスしないといけないから仕方がないけど、大手企業じゃなくてもいいって人は気にすることないんじゃないかなって思う。

日本の独身男性の幸福度は低いという話は僕にとって全くあてはまらない。一人のほうが彼女がいるより楽で楽しいってこともあるし、彼女がいるときはいるときで楽しんだけど幸せ度合いはどっちも完璧じゃない。何かと比べるから幸福じゃなくなんるじゃないかなーって思う。周りが結婚しているからしていない未婚男性が辛くなるとか、未婚女性も辛くなるとか聞いて楽しいことないのかなーって思う。楽しいことがあったら悲観する時間ない。楽しんで気持ちがハッピーな人には人も寄ってくると思うよ。

男性は女性より親しい人が少ないらしいけど、それの何が辛いことにつながるのかわからなかった。たとえ僕は親しい人は一人しかいなくても幸せだと思う。僕は世界で一人しかいないんだからたくさん親しい人がいても僕は対応できない。そんなにたくさん親しい人がいて付き合いも多くしないといけないとなるとストレスでしかない。

これって僕がアートを勉強しているからなのかアーティストよりの思考だからなのかわからないけど世の中の不幸と感じることって誰かと比べていたり何かの基準に合わせようとして辛くなることが多いと思う。そんな基準は無視して戦うフィールドを変えるか基準を無視してでも自分を魅力と思われる人になるかだと思う。例としては中国で男性が結婚する場合とても日本より大変な状況に置かれていると思う。お金も家も車もないといけなかったり男性が多い中国ではものすごい競争だと思う。でも日本人がぽつんとあらわれると中国で日本語を学んでいるコミュニティとか日本文化好きが集まってきて女の子とも話す機会は圧倒的に増えると思う。お金がなくても日本で不細工だったとしても日本文化、日本人というのがまだ魅力にもなり反感にもなりやすい中国では他の中国人ライバルの競争に勝って彼女を作るということは可能だと思う。中国に行ったことないけど中国人クラスメイトとかと話しているとそう感じる。戦うフィールドを変えたり、日本の基準が通じない場所にいくことで魅力というのは変わってくる。中国人男性からする結婚出来ないことは深刻だろうけど日本人と中国人では全く深刻度が違う。日本人のほうが簡単に行ける国は多いし、中国人と比べて日本人を魅力に思ってもらえるケースも多い。そのため中国人男性と日本人男性では世界で結婚出来ないという悩みの深刻度は大きく違うと思う。

まとめるとどういうことかというと

・海外に行ってみる

・英語を勉強する

・人が集まる場所に参加する

・趣味が合う友達を作る

・女性余りの国に行く

・日本で勉強している外国人と知り合う

・紹介できる人に紹介してもらう

・何かやりたいことをやって魅力を高めるようにしていく

婚活で男余りを深刻に考えている話に違和感を覚えたという話だ。

関連記事:

【感想】「しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません! 」 お金がないなら結婚しないという考えとは違う面白い話

【書評】漫画 東京タラレバ娘から考える若いイケメンさえ選べないのは日本の貧困なんじゃないかということ

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。