各国のバーガーキングのCM

昔マクドナルドのCMを比較したときけっこう面白かったから今回はバーガーキングのCMを比較してみた。
前のマクドナルドのCMの記事
マクドナルドのCMが面白い

2019年のCM。アメリカはどうおいしく見せようと音とカメラの構図とかで努力しているのが分かる。多くがバーガーにカメラが近くておしそうに見える。

2015年のCMで古いけど韓国はコメディだね。韓国って日本のアニメ好きも多いしかわいいコメディが好きな人多いんだと思う。

さらに韓国のCMだけどとてもクリエイティブだと思う。

2016年の日本のCM。正直いうとちょっと分かりづらいCM。マクドナルドのCMと比べると日本のバーガーキングはちょっと面白さユニークさが物足りない。

でも日本のバーガーキングってちょっとラブストーリーを取り入れた宣伝を作ったことがあるみたいで。マクドナルドとは違う路線というのがわかる。日本でバーガーとラブストーリーってミスマッチなイメージなんだけどどうだろう。

バーガーキングも面白いのをCMを作ろうとはしたことがあるみたいだけど注目はするけど笑えたり、かわいいって思えたりするものではない。アメリカじゃ絶対に見ないCMのスタイルだと思う。

バーガーキングって日本のバーガーキングより海外のバーガーキングのほうが断然に面白い。日本のようなコミカルさじゃなくて笑えたりかわいいってあんまり思えるもんじゃないけどそれでも面白いと思えるよ。下の動画は全部アメリカのもの。

笑える 笑 ↓

日本のマクドナルドのCMは面白いのに日本のバーガーキングはパッとしない。マクドナルドとの違いは日本のマクドナルドはファミリー、子供を対象にしていると思うのに対してバーガーキングは高校生以上や大人を対象にしてそうと見ていて思う。アメリカのバーガーキングは主に子供ではなく大人を対象にしているだろう。韓国は若い人も大人も対象にしているように感じるがアニメやギャクを受け入れる層だと思うから比較的若いんじゃないかと思う。

また恐らく日本のバーガーキングより海外のほうがバーガーを食べる人が多いのでCMを作れる予算があるんだと思う。マクドナルドのような面白さを期待したが残念ながらそこまでの面白さは日本のバーガーキングにはなかった。いつか面白いCMが出てくるのを期待したい。

スポンサーリンク
レスポンシブ 広告
レスポンシブ 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。